「大会の出すぎで出場拒否され…」島津亜矢の“天才少女”エピソード (1/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「大会の出すぎで出場拒否され…」島津亜矢の“天才少女”エピソード

このエントリーをはてなブックマークに追加
島津亜矢(しまづ・あや)/1971年、熊本県生まれ。幼少期から各地の歌のコンテストに出場し、数々のグランプリを手にする。作曲家・高木東六氏に絶賛され、NHKのオーディションに最高得点で合格し、15歳で「袴をはいた渡り鳥」(詞:星野哲郎、曲:市川昭介)でデビュー。「NHK紅白歌合戦」には6回出場。カバーアルバム「SINGER6」発売中。3月にはシングル発売予定。新歌舞伎座新開場10周年記念「島津亜矢特別公演」(4月3~18日)チケット発売中。 (撮影/写真部・小山幸佑)

島津亜矢(しまづ・あや)/1971年、熊本県生まれ。幼少期から各地の歌のコンテストに出場し、数々のグランプリを手にする。作曲家・高木東六氏に絶賛され、NHKのオーディションに最高得点で合格し、15歳で「袴をはいた渡り鳥」(詞:星野哲郎、曲:市川昭介)でデビュー。「NHK紅白歌合戦」には6回出場。カバーアルバム「SINGER6」発売中。3月にはシングル発売予定。新歌舞伎座新開場10周年記念「島津亜矢特別公演」(4月3~18日)チケット発売中。 (撮影/写真部・小山幸佑)

島津亜矢さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

島津亜矢さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

 あらゆるジャンルの歌を圧倒的な歌唱力でものにし、見る者の心を鷲掴みにする“歌怪獣”こと島津亜矢さん。昨年の紅白で「糸」を熱唱した姿も、多くの人の心に残っているのではないでしょうか。紅白の裏話や子ども時代のことなど、作家の林真理子さんがうかがいました。

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:NHKの「紅白歌合戦」の常連ですから、毎年、「紅白」が終わって除夜の鐘を聞きながらおうちに帰って、新年を迎える感じですか。

島津:打ち上げがありますので、うちに帰るのは元日の夜中の3時ぐらいなんです。お風呂に入ってから寝るんですけど、興奮状態でなかなか眠れないんですよ。ちょっと仮眠をとって家族とお正月を迎えてます。

林:去年の「紅白」はちょっとおとなしかったですけど、おととしはサザンオールスターズとユーミン(松任谷由実)が来て、北島三郎さんも最後の「紅白」だったし、すごい盛り上がりでしたよね。

島津:そうですよねえ。私、北島さんが大好きなので、すごくうれしかったです。

林:「♪祭りだ祭りだ」ってお歌いになって、そのあとサザンが登場してお祭りの場と化して、舞台に立っている皆さんも楽しいだろうなと思いながら見てましたよ。

島津:ほんとに楽しかったです。ぜいたくですよね。私たちも本番でしか見られないんですよ。リハーサルはありますけど、裏のほうもステージの上もすごい人でバタバタしているので、本番だけがちゃんと見られるチャンスで、ほんとに楽しませていただきました。

林:島津さんはデビュー何年目から「紅白」にお出になったんですか。

島津:私は15年ぐらいで一度出させていただいて、そこから14年ぐらい出てなかったんです。

林:そうでしたっけ。出ずっぱりのような気がしてましたけど、常連になったのはいつごろからですか。

島津:ここ5回ぐらいは連続で出させていただいています。

林:去年の「紅白」で歌われた「糸」、すごくよかったです。その前は「時代」をお歌いになったし、中島みゆきさんの歌と相性がいいですよね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい