美輪明宏の一言でオジャンに 瀬戸内寂聴と横尾忠則の“移住騒ぎ”

2020/01/25 08:00

 半世紀ほど前に出会った97歳と83歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。

あわせて読みたい

  • 瀬戸内寂聴「そろそろ、あちらへ出発の予感。葬儀委員長は美輪さんに」

    瀬戸内寂聴「そろそろ、あちらへ出発の予感。葬儀委員長は美輪さんに」

    週刊朝日

    2/16

    長編小説に俳句の本 「とてもまだ死ねませんね」と瀬戸内寂聴

    長編小説に俳句の本 「とてもまだ死ねませんね」と瀬戸内寂聴

    週刊朝日

    3/11

  • 瀬戸内寂聴、死期を感じる? 「夜、昼の区別もなく、眠り続けています」

    瀬戸内寂聴、死期を感じる? 「夜、昼の区別もなく、眠り続けています」

    週刊朝日

    4/17

    「百歳目前で餅を喉に引っかけて死んだら…」瀬戸内寂聴に横尾忠則が言ったこと

    「百歳目前で餅を喉に引っかけて死んだら…」瀬戸内寂聴に横尾忠則が言ったこと

    週刊朝日

    1/8

  • 瀬戸内寂聴が自分の描いた絵を見せ、横尾忠則がふき出した過去

    瀬戸内寂聴が自分の描いた絵を見せ、横尾忠則がふき出した過去

    週刊朝日

    7/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す