「日産幹部と検察にハメられた」 ゴーン被告、逃亡先会見で幹部実名を公表

2020/01/09 09:54

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)は、逃亡先のレバノンで無実を主張する会見を開いた。日本の司法制度や一部の日産経営陣を名指しで批判し、国際世論に訴えかける戦略だ。東京地検はすぐに反論を公表したが、国際的にはゴーンを支持する声もあり、日本政府は対応に苦慮している。

あわせて読みたい

  • ゴーン被告“国外逃亡”の衝撃 追い詰められる日産経営陣

    ゴーン被告“国外逃亡”の衝撃 追い詰められる日産経営陣

    週刊朝日

    12/31

    ゴーン氏の情報小出し戦略でケリー被告を有罪にしようと焦る検察

    ゴーン氏の情報小出し戦略でケリー被告を有罪にしようと焦る検察

    週刊朝日

    1/19

  • ゴーン被告の在日フランス人の友人らが明かすレバノンへの“逃亡劇”の全真相

    ゴーン被告の在日フランス人の友人らが明かすレバノンへの“逃亡劇”の全真相

    週刊朝日

    12/31

    「カルロス・ゴーン」劇場の“全真相”

    「カルロス・ゴーン」劇場の“全真相”

    週刊朝日

    6/15

  • ゴーン被告の主張はどこまでが本当? 逃走劇から考える、日本の司法制度の問題点とは

    ゴーン被告の主張はどこまでが本当? 逃走劇から考える、日本の司法制度の問題点とは

    AERA

    1/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す