2年で離婚の神田沙也加 「アナ雪」好調も仕事への影響は? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2年で離婚の神田沙也加 「アナ雪」好調も仕事への影響は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
緒方麦週刊朝日
神田沙也加 (c)朝日新聞社

神田沙也加 (c)朝日新聞社

 この結論が“ありのまま”の彼女の気持ちだったのだろうか。

 俳優の神田沙也加(33)と村田充(42)が、離婚していたことを双方のブログで明らかにした。2年あまりの結婚生活にピリオドを打った理由について、神田は12月4日、ブログにこうつづった。

「結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることが出来ませんでした。何度も歩み寄りを試みましたが、わたしは生きてきた環境の中で持った考えを変えられず、彼を幸せにすることが出来ないと思いました。その結果、別々の人生を歩むという結論に至りました」

 村田は、「子どもが欲しかった私と、前向きになれなかった彼女とで折り合いがつかなかった」と説明している。

 神田は世界的に大ヒットしたディズニーアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え版のアナ役で注目された。続編の「アナと雪の女王2」は11月22日に公開され、こちらも好調だ。

 12月2日に都内であった公開記念イベントでは、作品に関連して、「一歩踏み出したいこと」をたずねられた。

「一人っ子なので色々なところに一人ででかけちゃうんですけど、今度は一人東京ディズニーリゾートに行ってみたいです」

 と、離婚が報じられる前から“おひとり様”をうかがわせるような回答だった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい