東久留米殺人事件 第一発見者だった内縁妻の次男を逮捕 強盗は偽装か 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東久留米殺人事件 第一発見者だった内縁妻の次男を逮捕 強盗は偽装か

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
事件があった東京・東久留米市の現場(c)朝日新聞社

事件があった東京・東久留米市の現場(c)朝日新聞社

 発生からおよそ1か月。事件は急展開の犯人逮捕となった。東京・東久留米市の住宅で住人の会社員二岡(ふたおか)一浩さん(55)が刃物で殺害された事件で、警視庁捜査一課は2日、二岡さんの内縁の妻の次男で無職の三ツ本寛己容疑者(28)を強盗殺人の疑いで逮捕した。三ツ本容疑者は現場の住宅の近所に住んでいて事件の第一発見者だった。「やっていません」と容疑を否認しているという。

 警視庁によると三ツ本容疑者は11月8日未明から早朝にかけて、住宅の寝室で二岡さんを刃物で刺すなどして殺害したうえ、金品を奪おうとした疑いがある。二岡さんは首や胸、腹の約70カ所を刺されたり切りつけられたりし、背中まで達する深い傷もあった。

 1階の掃き出し窓が「焼き破り」という窃盗犯特有の手口で割られていた一方で無くなったものは確認されなかった。三ツ本容疑者は合鍵を持っていたという。

 事件は二岡さんと暮らす妻とその長女の海外旅行中に発覚した。二岡さんの勤務先から妻に「出勤していない」と連絡があり、様子を確認するよう言われた三ツ本容疑者が110番通報していた。捜査関係者によると、防犯カメラの捜査から関与が浮上し、現場の足痕も三ツ本容疑者のもの以外見つからなかったという。

「事件発生当初から重要参考人として逮捕に向けての裏付けを進めていた。他の同居人がいないことを見計らったような点、遺体の刺し傷の執拗な状況から相当強い怨恨によるものとみていた。そうした行動を取れる人物は限られていた」(捜査関係者)

 警視庁は三ツ本容疑者が強盗による犯行に偽装しようとしたとみて動機の解明を進める方針だ。(野田太郎)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい