渡辺謙、加瀬亮が大ベストセラー小説原作映画に 評論家の評価は?

2019/11/25 08:00

「ベル・カント とらわれのアリア」が全国公開中だ。2001年に出版され、数々の賞を受賞し、アマゾンのベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーにも輝いたアン・パチェットの小説の待望の映画化。1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得て書かれた物語。

あわせて読みたい

  • 奇才カラックス監督の最新作 悪魔的運命に翻弄されるダーク・ファンタジー「アネット」

    奇才カラックス監督の最新作 悪魔的運命に翻弄されるダーク・ファンタジー「アネット」

    週刊朝日

    4/2

    息子の死を目の当たりにした母親はどうなる? 「鑑賞には覚悟を」と映画評論家

    息子の死を目の当たりにした母親はどうなる? 「鑑賞には覚悟を」と映画評論家

    週刊朝日

    11/11

  • 名作の50年後…記憶失った男、長年探した女との再会にも気づかず、想い語る

    名作の50年後…記憶失った男、長年探した女との再会にも気づかず、想い語る

    週刊朝日

    2/2

    LiLiCo「裁判もの好きにはたまらない」 実話を基にした裁判サスペンス映画とは

    LiLiCo「裁判もの好きにはたまらない」 実話を基にした裁判サスペンス映画とは

    週刊朝日

    2/16

  • 映画「魂のゆくえ」 傑作「タクシードライバー」の脚本家による問題作

    映画「魂のゆくえ」 傑作「タクシードライバー」の脚本家による問題作

    週刊朝日

    4/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す