「牛も本モ~ね(笑)」平野レミが絶賛の鉄板ハンバーグとは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「牛も本モ~ね(笑)」平野レミが絶賛の鉄板ハンバーグとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
モンブッフ 黒毛和牛の鉄板焼きタルタルステーキ/小田急線代々木上原駅から歩いてすぐ。大分県から黒毛和牛を一頭買いし、パテやステーキ、煮込みに余すことなく使ってさまざまな肉料理を展開。スネやネックを使ったタルタルステーキは、鉄板で表面はこんがり、中はレアに焼いて提供。好みに合わせて、添えた焼き石で焼いて食べるといったスタイルだ。醤油ベースのショウガがきいたさっぱりとしたソースが和牛の脂によく合う。写真はディナー(240g)2480円、ランチ(120g~)はサラダバー付きで1680円~提供。税別 (撮影/倉田貴志)

モンブッフ 黒毛和牛の鉄板焼きタルタルステーキ/小田急線代々木上原駅から歩いてすぐ。大分県から黒毛和牛を一頭買いし、パテやステーキ、煮込みに余すことなく使ってさまざまな肉料理を展開。スネやネックを使ったタルタルステーキは、鉄板で表面はこんがり、中はレアに焼いて提供。好みに合わせて、添えた焼き石で焼いて食べるといったスタイルだ。醤油ベースのショウガがきいたさっぱりとしたソースが和牛の脂によく合う。写真はディナー(240g)2480円、ランチ(120g~)はサラダバー付きで1680円~提供。税別 (撮影/倉田貴志)

モンブッフ/東京都渋谷区上原1-35-6 第16菊地ビル1F(営)11:30~14:00L.O. 17:30~21:00L.O.(休)水

モンブッフ/東京都渋谷区上原1-35-6 第16菊地ビル1F(営)11:30~14:00L.O. 17:30~21:00L.O.(休)水

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、料理愛好家・平野レミさんの「モンブッフ」の「黒毛和牛の鉄板焼きタルタルステーキ」だ。

【写真】何を食べても期待を裏切らない「モンブッフ」の店内の様子

*  *  *
 ここは黒毛和牛を使った肉料理が豊富なご近所のビストロです。ご主人がホテルオークラのフレンチ出身で料理の腕がいい。何を食べても期待を裏切らないので家族や友人とよく出かけています。

 アツアツの鉄板で出されるこのハンバーグは、とくにおすすめ。丸い焼き石が添えてあるので、レアに焼かれた断面を焼いてソースをつけていただきます。先日、孫を連れていったら、ジュージューしながら喜んで食べていました。和牛のうまみが堪能できて、しかも付け合わせのマッシュポテトもふわふわでおいしいこと! 夜もいいけど、お昼はサラダバー付きで食べられるんですよ。テーブルいっぱいに20種類以上の野菜や肉の惣菜がいろいろ並んで圧巻。一品一品、手間がかかっていて、シェフの魂がこもっているのが伝わってくるんですよね。肉は九州から一頭買いで仕入れているんですって。無駄なくいろんな部位を食べさせてくれるから、牛も本モ~ね(笑)。きっと喜んでいるに違いありません。

(取材・文/沖村かなみ)

「モンブッフ」東京都渋谷区上原1‐35‐6第16菊地ビル1F/営業時間:11:30~14:00L.O.17:30~21:00L.O./定休日:水

週刊朝日  2019年10月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい