非業の死を遂げたデニス・テンさんの名前を冠した競技会開催へ  追悼式には高橋大輔、浅田真央らが参加 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

非業の死を遂げたデニス・テンさんの名前を冠した競技会開催へ  追悼式には高橋大輔、浅田真央らが参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
大崎百紀週刊朝日
2014年ソチ五輪フィギュアスケート男子で銅メダルを獲得したデニス・テンさん(C)朝日新聞社

2014年ソチ五輪フィギュアスケート男子で銅メダルを獲得したデニス・テンさん(C)朝日新聞社

デニス・テンさんを追悼するアイスショーに参加した浅田真央さん

デニス・テンさんを追悼するアイスショーに参加した浅田真央さん

テンさんが強盗に刺された場所には花が添えられていた

テンさんが強盗に刺された場所には花が添えられていた

追悼アイスショーの会場に飾られた、宇野昌磨選手からのメッセージ入り垂れ幕

追悼アイスショーの会場に飾られた、宇野昌磨選手からのメッセージ入り垂れ幕

 フィギュアスケートの「ISU(国際スケート連盟)デニス・テン・メモリアル・チャレンジ」が10月10日から13日まで、カザフスタンのアルマトイで行われる。2014年ソチ五輪男子で銅メダルを獲得し、昨年亡くなったカザフスタンの英雄、デニス・テンさんの名前を冠した国際競技会だ。

【写真】追悼アイスショーでテンさんと同じ衣装で滑った浅田真央

 テンさんが亡くなったのは昨年7月19日。故郷アルマトイの路上で強盗に刺された。25歳だった。ソチ五輪で母国にフィギュア初のメダルをもたらした一方で、映画のシナリオを書いたり作曲を手掛けたりするなど、幅広い才能の持ち主だった。

 悲運なスケーターとも言える。金メダルを目指した15年世界選手権(中国・上海)のショートプラグラム(SP)で、別の選手の曲がかかるアクシデントに見舞われた。仕切り直したが、冒頭の4回転ジャンプで転倒した。それでも銅メダルを獲得し、「こういう経験はプラスになる」と笑顔で答えた。最終目標としていた18年平昌五輪では、ケガの影響などもあって実力を発揮しきれず、フリーに進めなかった。

 誰にでも優しく、多くの仲間から愛される選手だった。今年7月にアルマトイで開かれた追悼式には、親しかった選手たちが集まった。日本からは10年バンクーバー五輪男子銅メダリストの高橋大輔選手(関大ク)、同五輪女子銀メダリストの浅田真央さん、13年世界選手権8位の無良崇人さんの3人が参加した。

 6月に事件現場に作られたテンさんの銅像の前で、高橋選手は目を真っ赤にしていた。「彼は戻ってくるよ」と生前語っていたテンさんは、高橋選手の復帰を待ち望んでいた選手の一人でもあった。

 翌週からアイスショー「氷艶」を控えていた高橋選手を除く日本の2人は、翌日にアルマトイで開かれた追悼アイスショー「デニス・フレンズ・ショー」に出演した。テンさんは生前から「デニス・アンド・フレンズ・ショー」を開催し、高橋選手や浅田さんも出演したことがある。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい