「プライドを傷つけないように」中島京子さんが語る認知症介護で考えたこと

2019/10/07 07:00

 アルツハイマー型認知症を患った父とその家族の物語『長いお別れ』(2019年に映画化)を書いた小説家の中島京子さんに、認知症の人を介護する側の心構えや、認知症と共生する社会の実現に向けた課題を聞いた。

あわせて読みたい

  • ボケたま記者 認知症ケア学会で「ミスしても明るく」を実感

    ボケたま記者 認知症ケア学会で「ミスしても明るく」を実感

    週刊朝日

    3/15

    認知症と診断されたら、まずどこに相談すればいい?

    認知症と診断されたら、まずどこに相談すればいい?

    dot.

    8/27

  • 「認知症=絶望の病」は勘違い 薬より大事なことと身近なチェック

    「認知症=絶望の病」は勘違い 薬より大事なことと身近なチェック

    週刊朝日

    11/9

    MCIと診断されたら? ポイントは完璧な希望ではなく“妥当な希望”

    MCIと診断されたら? ポイントは完璧な希望ではなく“妥当な希望”

    dot.

    8/26

  • 物忘れと認知症の違いは? 認知症の基礎知識

    物忘れと認知症の違いは? 認知症の基礎知識

    週刊朝日

    6/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す