下手なお笑いより面白い? 直木賞作家が称賛する「詐欺メール」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

下手なお笑いより面白い? 直木賞作家が称賛する「詐欺メール」

連載「出たとこ勝負」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒川博行週刊朝日#黒川博行
黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する (写真=朝日新聞社)

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は「文面傑作、フィッシングメール余話」について。

*  *  *
 朝日新聞土曜版の『be』に“みちのものがたり”というコーナーがあり、『「むかわ竜」発掘への道』という記事が掲載されていた。林の中にむかわ竜の小さいフィギュア(かなり精巧にできている)をおき、低い位置から撮影した写真に“発掘現場へ続く林道は、太古の営みを感じさせる。むかわ竜が今にも歩いてきそうだ。”とキャプションを添えている。

 わたしは隣で卵かけごはんを食っているよめはんに写真を見せた。

「な、これ見てみ。“むかわ竜発見への道”やと」
「わっ、これなに」
「恐竜の子供らしい」
「かわいいやんか」
「飼うか。ペットで」
「大きぃなるんやろ」
「鹿くらいにはな」
「高いんかな」
「百万はするやろ」
「やめときや。飼うのは」

 白亜紀の生きた恐竜が発見されたことに、よめはんは疑いをもっていないらしい。もうずいぶん前に亡くなったよめはんのおばあちゃんはテレビの『奥さまは魔女』を見て、「西洋のひとは魔法を使えるんやな」といっていたくらいだから、そのDNAを受け継いだのかもしれない。

 ついこのあいだも、よめはんのパソコンにアップルからメールが来た。“24時間以内にあなたのアイデンティティーを確認してください。確認していただけない場合、アカウントは無効になります”というものだったから、よめはんは指定された記入欄に住所、氏名、メールアドレス等を書いていったが、パスポートナンバーやクレジットカードナンバーの記入欄があったことで、ようやく偽メールだと気づいたという。

 その話を聞いて、よめはんにいった。

「あのな、いま現在、支障のないアカウントがいきなり無効になるて、そもそも話がおかしいやないか」
「だって、アップルの公式メッセージに見えたもん」
「どうしても個人情報を入力する必要があるときは、こっちからサイトにログインするのが常識やろ」
「マキちゃん、ほら、ピヨコが生意気いうてるよ」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい