ジェジュン 引退を思い直したのは「日本で仕事ができるようになったから」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジェジュン 引退を思い直したのは「日本で仕事ができるようになったから」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
JAE JOONG/1986年1月26日生まれ。韓国・公州出身。180センチ。O型。2004年、韓国でCDデビュー。兵役などを経て、昨年、日本で本格的なソロ活動を再開。歌番組はもちろん、端正な顔に似合わぬ(?)天然キャラでバラエティー番組にも引っ張りだこに。9月25日、自身初となるカバーアルバム「Love Covers」をリリース。10月13日、テレビ朝日開局60周年記念イベント「テレビ朝日ドリーム フェスティバル2019」に出演決定。俳優としても活躍している[COVER STAFF:撮影/馬場道浩、ヘアメイク/村松直美、スタイリング/柴田圭、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO]

JAE JOONG/1986年1月26日生まれ。韓国・公州出身。180センチ。O型。2004年、韓国でCDデビュー。兵役などを経て、昨年、日本で本格的なソロ活動を再開。歌番組はもちろん、端正な顔に似合わぬ(?)天然キャラでバラエティー番組にも引っ張りだこに。9月25日、自身初となるカバーアルバム「Love Covers」をリリース。10月13日、テレビ朝日開局60周年記念イベント「テレビ朝日ドリーム フェスティバル2019」に出演決定。俳優としても活躍している[COVER STAFF:撮影/馬場道浩、ヘアメイク/村松直美、スタイリング/柴田圭、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO]

 韓国出身のトップアーティスト、ジェジュン。流暢な日本語と人々の心を打つ歌声で、今、日本の歌番組やバラエティー番組を席巻中だ。最新アルバムでは、尾崎豊、宇多田ヒカルなど日本を代表するラブソングの名曲カバーに挑んだ。

【まるで妖精!美しいジェジュンのフォトギャラリーはこちら】

*  *  *
──グループ活動を経て、2017年からソロアーティストとして活動。昨年、日本の事務所と契約し、日本での活動を本格化させました。

 正直、日本のテレビ番組にはまだ慣れないです。カメラの前で歌うときには、特に緊張しますね。たくさんの人に知ってもらうチャンスなので、一回一回が真剣勝負です。日本語もまだまだだし。収録中、言ってはいけないことを言ってしまうんじゃないかといつも心配で。言い間違えも多いし。それでも、共演者のみなさんが「外国人だから」と優しく見守ってくださるので、ありがたいです。

──バラエティー番組では、洗濯したパンツを乾かそうとして電子レンジに入れた話など、天然な素顔もウケています。

 そういう抜けた部分をテレビで見せることに抵抗はないですね。20代の頃って、完璧な人間でもないのに、カッコつけたり、大人ぶった行動をしないとダメだったんですよ。でもメッキは剥がれるものだし。今は、背伸びするよりも素の自分を出すほうが楽しいです。ただ、最近そういう部分が強調されすぎて、プライベートで会う人に舐められるんです。年下の子に「アイツ、年食ってるのにガキっぽいよね」とか言われたり。それが悩みです。

──レギュラー出演中のラジオ番組では、リスナーの恋愛相談に乗ったりもしていますね。

(フッと笑って)自分もできてないくせにね。

──女性からすると、微妙な回答のことも多いです。

 いやいやいや! 僕がするのは、現実的なアドバイスなんですよ。ドラマチックなアドバイスをしたり、ロマンを語ったりしても、何のためにもならないじゃないですか。現実はドラマではないですから。現実を見すぎちゃって、僕は恋愛ができてないんですけど(笑)。

──料理がお得意だそうですが、初めて家に好きな女性が来る、となったらどんな料理を振る舞いますか?

 インスタントラーメンですね。誰でもさっと作れるじゃないですか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい