古賀茂明「安倍4選が強まる中、立憲と国民の主導権争いに興味なし」

政官財の罪と罰

古賀茂明

2019/09/10 07:00

 ここで注目されるのが、安倍政権が参議院選終了まで隠していた年金の財政検証の結果を公表し、これから社会保障改革に取り組む準備を進めていることだ。そこでは、医療、介護、年金いずれの分野でも、はっきりとした負担増と給付カットという大きな痛みを伴うメニューが目白押しだ。おそらく野党はほとんどの提案に「絶対反対」という姿勢を取るのだろう。

 しかし、有権者は冷静だ。消費増税への反対も、社会保障改革の議論を聞けば、「やむを得ない」、さらには、「社会保障のためなら増税すべきだ」と世論が変わる可能性も十分にある。社会保障の負担増なども「現実解」として一定の理解が広がるだろう。

 そんなときに、野党側が、れいわの「消費税廃止」あるいは「5%への減税」などに乗って、「財源なきバラマキ」政策を唱えたり、安易に「大企業に増税を!」と叫んだりすれば、安倍政権の提案のほうがまじめな「改革」で、反対かバラマキしか案がない野党は信頼できないということになる。

 国会内での立民と国民の主導権争いなど、どうでもいい話だ。

 有権者が渇望しているバラマキではない税と社会保障一体改革の「まじめな対案」を準備することこそが、真の野党復権につながることを肝に銘じてほしい。

週刊朝日  2019年9月20日号

古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)/古賀茂明政策ラボ代表、「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。近著は『官邸の暴走』(角川新書)など

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す