横浜流星 新作映画で「自分の嫌いなところ」を克服!? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

横浜流星 新作映画で「自分の嫌いなところ」を克服!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
早川あゆみ週刊朝日
横浜流星(よこはま りゅうせい)/1996年生まれ、神奈川県出身。特技の極真空手では世界大会優勝の実績を持つ。2019年初頭に放送されたドラマ「初めて恋をした日に読む話」での演技が注目される。19年だけでも映画「愛唄─約束のナクヒト─」「LDK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」「チア男子!!」が公開。この夏放送の話題のテレビドラマ「あなたの番です─反撃編─」でも大反響を巻き起こした。最新主演映画「いなくなれ、群青」は、9月6日から全国公開。 [COVER STAFF 撮影/馬場道浩、ヘアメイク/永瀬多壱(VANITES)、スタイリング/伊藤省吾(sitor)、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力/エトロ(エトロ ジャパン)]

横浜流星(よこはま りゅうせい)/1996年生まれ、神奈川県出身。特技の極真空手では世界大会優勝の実績を持つ。2019年初頭に放送されたドラマ「初めて恋をした日に読む話」での演技が注目される。19年だけでも映画「愛唄─約束のナクヒト─」「LDK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」「チア男子!!」が公開。この夏放送の話題のテレビドラマ「あなたの番です─反撃編─」でも大反響を巻き起こした。最新主演映画「いなくなれ、群青」は、9月6日から全国公開。 [COVER STAFF 撮影/馬場道浩、ヘアメイク/永瀬多壱(VANITES)、スタイリング/伊藤省吾(sitor)、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力/エトロ(エトロ ジャパン)]

「同年代の俳優たちと比べて勝手に落ち込んでました。でも、比べすぎて自分を見失っていると、ある日突然気づいて。それからは、ライバルはまず自分だと思って、やるべきことをしっかりやろうという考えに変わりました。ひたすら役に寄り添って、役や作品のことを考える時間を大切にしようと思っています」

 爆発的な人気ぶりでも、ブレークしたという実感はない。

「街中で声をかけられることはあまりないので、自分ではまだまだだと思っています」

 いまは、求められることが多い青春もので全力を尽くしたい。でも、ミステリーやサスペンスも楽しいし、アクションやコメディーにも参加したい。夢は広がるばかりだ。

「『流星じゃないとできない』といわれる唯一無二の存在になれたらいいなと思います」

 それは、おそらく近未来に実現するであろう希望だ。(ライター・早川あゆみ)

週刊朝日  2019年9月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい