亡き母に「子孝行」してもらった…小説家・逢坂剛の家族の絆

2019/09/02 16:00

 あのとき、別の選択をしていたら……。著名人が人生の岐路を振り返る「もう一つの自分史」。今回は逢坂剛さんの登場です。広告会社に勤務しながら、人気作家として花開いた。その歩みは挿絵画家の父と、兄2人の影響が大きいそうです。父亡き後、1歳2カ月のときに亡くした母と70年以上を経てつながった、驚くべき「絆」を支えに、いまも物語を描いています。

あわせて読みたい

  • 一時は芸能界引退を決意…石倉三郎の運命を変えた分岐点

    一時は芸能界引退を決意…石倉三郎の運命を変えた分岐点

    週刊朝日

    6/9

    「僕の作品は自給自足のようなもの」作家・道尾秀介さんが累計発行部数600万部突破記念スペシャルインタビューで明かした執筆の裏側

    「僕の作品は自給自足のようなもの」作家・道尾秀介さんが累計発行部数600万部突破記念スペシャルインタビューで明かした執筆の裏側

    dot.

    1/8

  • 「サンキュー!」誕生のきっかけは…堀内孝雄「アリス」との歩み

    「サンキュー!」誕生のきっかけは…堀内孝雄「アリス」との歩み

    週刊朝日

    7/20

    弱者の事件描きたい… 女性作家が挑戦した新しい警察小説とは

    弱者の事件描きたい… 女性作家が挑戦した新しい警察小説とは

    dot.

    12/8

  • アノヒトの読書遍歴 谷津矢車さん(後編)

    アノヒトの読書遍歴 谷津矢車さん(後編)

    BOOKSTAND

    7/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す