芦田愛菜 ポケベル、黒電話に「楽しくなる」? 読書遍歴がすごすぎ! (2/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

芦田愛菜 ポケベル、黒電話に「楽しくなる」? 読書遍歴がすごすぎ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
芦田愛菜(あしだ・まな)/2004年、兵庫県生まれ。ドラマ「Mother」(10年、日本テレビ系)で実母から虐待される少女を演じて注目を集める。「マルモのおきて」(11年、フジテレビ系)で連ドラ初主演。13年には映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューを果たす。第34回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか、受賞多数。初の単行本『まなの本棚』(小学館)を発売したばかり。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

芦田愛菜(あしだ・まな)/2004年、兵庫県生まれ。ドラマ「Mother」(10年、日本テレビ系)で実母から虐待される少女を演じて注目を集める。「マルモのおきて」(11年、フジテレビ系)で連ドラ初主演。13年には映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューを果たす。第34回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか、受賞多数。初の単行本『まなの本棚』(小学館)を発売したばかり。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

芦田愛菜さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

芦田愛菜さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

林:「朝の10分間読書運動」で小学校のときまではみんな本を読んでくれるんだけど、中学校になってスマホを手にするようになって、世界とつながっておもしろいものが次から次に出てくると、本なんて読まなくなっちゃうんですよね。

芦田:私にとって本は、ゲームとかインターネットの世界に触れるよりも先に出会っていて、自分にとっていちばん近くにあるものだったんです。本がない人生なんて考えられないというぐらいで、私はすぐ本に手が伸びてしまうんですけど、確かにゲームも楽しいですよね。そこが難しいですね。

林:『まなの本棚』は、愛菜ちゃんが好きな84冊の本を取り上げて、その本との出会いについていろいろ書いてますけど、その中に私の本(『本を読む女』)も入れてくださってうれしいです。愛菜ちゃんは、『ぐりとぐら』とかふつうの絵本から読み始めて、小学生になってからいろんな児童書を読んだみたいで、こういう本に出会わせたご両親が素晴らしいと思う。本をたくさん読み聞かせてくれて、たくさん買ってくれて。

芦田:小さいときから両親が図書館から本を借りてきてくれて、常に身近に本があるという環境をつくってくれて、そのことには両親にすごく感謝してます。

林:わりと大人っぽい本も子どものときから読んでいて、『細雪』も、もう読んじゃってるんですね。いくつのときに読んだんですか。

芦田:『細雪』は小学校6年生です。

林:えっ、小学校6年生!? 「こんなのまだ早い」とか言われなかったんですか。

芦田:そういうことはあんまりなかったですね。けっこう自由に本を選ばせてくれて、私が選んだ本に対して何か言われたことはないです。

林:読んで理解できました?

芦田:そのときはちゃんと理解できていなかったんです。でも、あとから読み直してみると、違うふうに感じたり、考え直したりする本もたくさんあって、それはそれで本の新しい楽しみ方だなと思ってるんです。

林:なるほどね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい