芦田愛菜 ポケベル、黒電話に「楽しくなる」? 読書遍歴がすごすぎ! (5/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

芦田愛菜 ポケベル、黒電話に「楽しくなる」? 読書遍歴がすごすぎ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
芦田愛菜(あしだ・まな)/2004年、兵庫県生まれ。ドラマ「Mother」(10年、日本テレビ系)で実母から虐待される少女を演じて注目を集める。「マルモのおきて」(11年、フジテレビ系)で連ドラ初主演。13年には映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューを果たす。第34回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか、受賞多数。初の単行本『まなの本棚』(小学館)を発売したばかり。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

芦田愛菜(あしだ・まな)/2004年、兵庫県生まれ。ドラマ「Mother」(10年、日本テレビ系)で実母から虐待される少女を演じて注目を集める。「マルモのおきて」(11年、フジテレビ系)で連ドラ初主演。13年には映画「パシフィック・リム」でハリウッドデビューを果たす。第34回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか、受賞多数。初の単行本『まなの本棚』(小学館)を発売したばかり。 (撮影/写真部・片山菜緒子)

芦田愛菜さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

芦田愛菜さん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・片山菜緒子)

芦田:アハハハ。そうなんですね。でも、アンも妄想とかが好きだったりして、それって自分の周りに楽しいことがないなって思うからこそ、そういう妄想好きの女の子が生まれたのかな、なんて思います。

林:そうかもしれないですね。愛菜ちゃん、アガサ・クリスティが大好きなんですね。私も好きで、家に帰る電車の中で読んでて、降りる駅に着いたんだけど、もうちょっとで読み終わるからと思って、そのまま終点まで行っちゃって、ホームのベンチで折り返しの電車が来るまでずっと読んでたことがありますよ。

芦田:ああ、わかります。

林:愛菜ちゃんは小学生のときにもうアガサ・クリスティを読んでたんでしょう? すごいです。アガサ・クリスティはかなり高度だと思いますよ。日本の人だと宮部みゆきさんもお好きなんですよね?

芦田:そうです。ミステリーって、読むと止まらなくなります。

林:松本清張さんも読む?

芦田:挑戦しようと思ったことは何回かあるんですが、まだちょっと手が出せなくて。

林:あの昭和の匂いは、中学生にはまだちょっと難しいかも。

芦田:でも、その時代だからこそ存在するトリックとかもけっこう好きです。ポケベルとか……。

林:ああ、ポケベルも昭和かぁ(笑)。

芦田:あと黒電話とか、そういうのが出てきたりすると、ちょっと楽しくなりますね。

(構成/本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2019年8月30日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい