「私と結婚しない?」を丁重にお断り…帯津医師の“身軽な生き方” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「私と結婚しない?」を丁重にお断り…帯津医師の“身軽な生き方”

連載「ナイス・エイジングのすすめ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一週刊朝日#帯津良一
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

山折哲雄さん (c)朝日新聞社

山折哲雄さん (c)朝日新聞社

 そして有名な「願わくは 花の下にて 春死なん そのきさらぎの 望月のころ」という歌を残し、73歳で歌の通りに幽明界(ゆうめいさかい)を異(こと)にしたのです。見事な死です。その生と死を統合した逝き方を見ると、西行はその身軽さゆえに、すでに聖人の域に達していたのではないかとも思えるのです。

 私は72歳のときに妻を亡くし、ひとりになりました。妻には苦労をかけたままで逝かせてしまい不憫に思いましたが、また来世で会えると思うと、それほど悲しくはありません。

 家族を失うのは、悲しいことであるのに間違いありませんが、身軽になる機会でもあります。そういうときに、プラスの生き方を見出すのもナイス・エイジングではないでしょうか。

 少し前ですが、ある独身女性から「先生! おひとりじゃ、寂しいでしょう。私と結婚しない?」と、冗談めかしているものの本気度の高そうな申し出を受けました。ありがたい限りですが、この歳から身軽さを失いたくないと、丁重にお断りしました。

 このまま、身軽なままで、西行のように逝きたいものです。

週刊朝日  2019年7月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい