“日本語が外国語”の人が日常を生きる大変さ 温又柔の新エッセイ

2019/07/08 11:30

 台湾に生まれ、3歳から日本で育った温又柔さんが、日本語と出会って作家になるまでを若い人に向けて綴ったエッセイが『「国語」から旅立って』(新曜社、1300円※税抜)だ。

あわせて読みたい

  • 日本人の「ふつう」とは? 台湾2世の主人公が抱える母との葛藤、結婚の深い悩み

    日本人の「ふつう」とは? 台湾2世の主人公が抱える母との葛藤、結婚の深い悩み

    週刊朝日

    12/14

    台湾在住歴15年の著者が厳選! 台湾の素朴な逸品59選

    台湾在住歴15年の著者が厳選! 台湾の素朴な逸品59選

    BOOKSTAND

    7/7

  • 台湾はグルメや観光だけじゃない。

    台湾はグルメや観光だけじゃない。"台湾アイデンティティ"の熱い思いを多角的に描く『台湾対抗文化紀行』

    BOOKSTAND

    1/21

    清水翔太、台湾で開催された音楽アワードで現地アーティストとコラボ

    清水翔太、台湾で開催された音楽アワードで現地アーティストとコラボ

    Billboard JAPAN

    10/31

  • 内田樹「総裁選より注視すべきは米中両国で喫緊のトピックである『台湾侵攻』だ」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「総裁選より注視すべきは米中両国で喫緊のトピックである『台湾侵攻』だ」

    AERA

    9/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す