シニアこそ旅をしよう JR&飛行機のお得チケット活用術 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

シニアこそ旅をしよう JR&飛行機のお得チケット活用術

このエントリーをはてなブックマークに追加
池田正史週刊朝日#シニア
ANAのスマートシニア空割(左)と、JR東日本の「大人の休日倶楽部ジパング」のホームページ

ANAのスマートシニア空割(左)と、JR東日本の「大人の休日倶楽部ジパング」のホームページ

シニア向けの主な割引・優遇サービス 1/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

シニア向けの主な割引・優遇サービス 1/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

シニア向けの主な割引・優遇サービス 2/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

シニア向けの主な割引・優遇サービス 2/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

シニア向けの主な割引・優遇サービス 3/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

シニア向けの主な割引・優遇サービス 3/3(週刊朝日2019年6月21日号より)

 老後の楽しみといえば旅行。子どもや孫を訪ねて、定期的に長距離を移動する人も少なくない。そんなときは、鉄道や航空会社などの特典を忘れてはいけない。金額が大きい切符や航空券だと、1回当たり数万円安くなるケースもある。

【シニア向けの主な割引・優遇サービスはこちら】

 JR東日本の「大人の休日倶楽部ミドル」は対象が男性50~64歳、女性50~59歳。JR東日本線とJR北海道線で乗車距離201キロ以上の切符が原則5%安くなる。男性65歳以上、女性60歳以上が対象の「ジパング」なら、割引は30%まで拡大。ミドル2575円、ジパング4285円の年会費が必要で、クレジットカードにも加入しなければならない。お盆や年末年始などは割引の対象外だが、長距離移動する人にとってはかなりお得。年数回旅行すれば元が取れてしまう。

 会員になると買える期間限定の「大人の休日倶楽部パス」も注目だ。新幹線を含むJR東日本とJR北海道の全線が5日間乗り放題で2万6千円と、格安なものもある。通常料金なら東京−盛岡間の新幹線往復だけで約2万9千円かかる。切符代を気にせずに、東日本一周旅行も満喫できる。

 高額な印象がある航空券。全日空(ANA)や日本航空(JAL)などは、割引サービスを用意している。両社とも、原則、搭乗当日に空席がある場合に使える。最大6割程度は安くなる。空席があるかどうか、事前にネットなどで確認してから空港に向かおう。スカイマークなど前日から予約できるものもある。

 交通関係では、自治体の税金が投入される「シルバーパス」もある。東京都シルバーパスは、70歳以上で、区市町村民税の非課税対象者なら1千円でバスや都営地下鉄などが1年間乗り放題になる。これを利用するのとしないのとでは、月数万円も交通費に差が出る可能性もある。使えるサービスは全て使い、出費はできるだけ抑えよう。

 映画館や美術館、遊園地など娯楽・レジャー関連も充実している。「としまえん」の年間フリーパスは、60歳以上が対象のシルバー会員なら5400円で、一般料金2万1600円に比べて断然安い。

「孫を連れて遊園地によくいく方には、お勧めです」(節約アドバイザーとして知られるファイナンシャルプランナーの丸山晴美さん)

 フィットネスクラブや英会話教室、カラオケなどでもあり、利用前にサービスを確認するのが鉄則だ。

 ただし、老後の家計について詳しい、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんは、高齢者向けの特典に目を奪われてはいけないと助言する。

「高齢者に限定しない、一般向けの特典を使ったほうがお得な場合もあるのです。例えばスマホなら、自分のデータ利用量に合った料金プランを選ぶ。シニア向けの割引サービスを利用しても、動画の視聴などでデータ利用が膨らめば、せっかくの割引分も吹き飛んでしまうことがあります。飲食チェーンで、あまり食べられないのに食べ放題のサービスを受けてはもったいない。自分にとって必要なサービスは何かをよく考えて、利用するようにしましょう」

 老後を楽しくすごしたいなら、節約の知恵が試される。今回紹介したサービスのほかにもサービスはまだまだある。ぜひ自分でも調べて、お得なチャンスを逃さないようにしたい。(本誌・池田正史)

週刊朝日  2019年6月21日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい