古田新太「串3本でお酒が何杯も」豚バラが主役の博多焼き鳥店 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古田新太「串3本でお酒が何杯も」豚バラが主役の博多焼き鳥店

このエントリーをはてなブックマークに追加
沖村かなみ週刊朝日#人生の晩餐
和楽互尊/芝居小屋が集まる下北沢の繁華街で、30年来、親しまれる博多焼き鳥の店。カウンター前のネタケースには、丁寧に串打ちされた鶏、豚、魚介が美しく並び、見ながら注文できる。(撮影/写真部・片山菜緒子)

和楽互尊/芝居小屋が集まる下北沢の繁華街で、30年来、親しまれる博多焼き鳥の店。カウンター前のネタケースには、丁寧に串打ちされた鶏、豚、魚介が美しく並び、見ながら注文できる。(撮影/写真部・片山菜緒子)

豚バラ
脂を落としながら焼かれる豚バラは博多焼き鳥の定番。ポン酢を敷いたキャベツの上に盛られる(3本380円)。めずらしい豚軟骨、網の上で香ばしく焼く鶏手羽先もおすすめ。入店と同時に威勢良く太鼓が鳴るのも博多流だ。税別 (撮影/写真部・片山菜緒子)
【和楽互尊】/東京都世田谷区北沢2-9-1 大新ビル2F(営)17:00~23:30L.O.(休)日

豚バラ
脂を落としながら焼かれる豚バラは博多焼き鳥の定番。ポン酢を敷いたキャベツの上に盛られる(3本380円)。めずらしい豚軟骨、網の上で香ばしく焼く鶏手羽先もおすすめ。入店と同時に威勢良く太鼓が鳴るのも博多流だ。税別 (撮影/写真部・片山菜緒子)
【和楽互尊】/東京都世田谷区北沢2-9-1 大新ビル2F(営)17:00~23:30L.O.(休)日

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、俳優・古田新太さんの「和楽互尊」の「豚バラ」だ。

【串のネタケースに注目!「和楽互尊」の「豚バラ」の写真はこちら】

*  *  *
 うちの劇団の座付き作家をやっている、(中島)かずきさんが福岡出身でして。彼が25年くらい前、下北においしい博多風の焼き鳥の店があると言って、劇団員たちを連れていってくれたのがこの店でした。

 当時20代だったおいらたちは、髪の毛を赤く染めてモヒカンや電髪で。全員革ジャン姿でカウンターに座ったら、さすがに大将ににらまれました(笑)。それ以来、ちょくちょく飲みに行ったら顔なじみになって。いまだに通わせてもらっています。

 博多の焼き鳥といえば、豚バラが定番。大将が塩をさっとふってカウンターの目の前で焼いてくれます。カリカリになった豚バラに、白ネギじゃなく、タマネギを挟んであるのが博多風。塩っ気のある豚バラと甘いタマネギをひと口ずつ交互に食べると、酒のあてに絶品。時々、キャベツをさっぱりとしたポン酢につけてつまんだりして。串3本でお酒が何杯も進みます。まあ、おいらの場合……どちらかというと酒のために串を食うって感じですね(笑)。

(取材・文/沖村かなみ)

「和楽互尊」東京都世田谷区北沢2‐9‐1大新ビル2F/営業時間:17:00~23:30L.O./定休日:日

週刊朝日  2019年6月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい