金を貸す条件は性行為!「ひととき融資」で逮捕された36歳公務員の素顔  (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

金を貸す条件は性行為!「ひととき融資」で逮捕された36歳公務員の素顔 

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日
「ひととき融資」で公務員を逮捕した大阪府警(C)朝日新聞社

「ひととき融資」で公務員を逮捕した大阪府警(C)朝日新聞社

 性行為を条件に最大で法定金利の約7倍で現金を女性らに貸し付ける「ひととき融資」で大阪府警に逮捕されたのは、将来を期待されていた“公務員”だった。

 八尾署に5日、出資法違反(超高金利)の疑いで再逮捕されたのは、大阪府千早赤阪村人事財政課主査の藤田祐容疑者(36)。

 八尾署によると、調べによると、2016年から今年2月にかけて、貸金業の許可なく無登録で20歳代と40歳代の2人の女性に、合計26万円を貸し付け、法定金利を7倍以上上回る81万円の利息を支払わせたという。

 藤田容疑者は、インターネットの掲示板などで、「お金を貸してください」などと書き込んでいる女性を探し、金を貸し付けていたという。

 それだけなら、単なる闇の高利貸しだが、藤田容疑者が女性を融資する条件が、肉体関係を前提にした、いわゆる、「ひととき融資」と呼ばれているもの。

「最初に金を貸すときに、ひととき融資の条件を出し、了解すればそのままホテルに行き、そのあとに直接、現金を渡して融資していた。そして、返済にあたっては月に1度、肉体関係を持てば、金利はそのまま。だが、断った場合、五千円を上乗せして返済するように求めていた。要するに、肉体関係、性交渉をすることが融資の条件だった」(捜査関係者)

 藤田容疑者は、千早赤阪村役場に2011年から勤務。総務課、健康福祉課の主査などをへて、今年4月から林野庁に出向。林野庁の大阪の出先機関で、森林部門の担当になり、みどりを増やす仕事についていたという。

 千早赤阪村役場はこう話す。

「林野庁から連絡を受けて、逮捕と知りビックリした。林野庁、国の機関への出向ですから、こちらとしても優秀な職員なので、行かせました。仕事もよくできて、真面目。まさかこんなことをしていたとは…」

 藤田容疑者が手を染めた「ひととき融資」とは具体的にどういうものか。ネットの掲示板などで「ひとときを過ごせる人、募集」「ひとときで融資します」などという書き込みが時より見られる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい