「脳は30代以降の方がよく動く」脳研究者・池谷裕二が寄藤文平と対談 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「脳は30代以降の方がよく動く」脳研究者・池谷裕二が寄藤文平と対談

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
[左]東大大学院教授 池谷裕二(いけがや・ゆうじ)/1970年、静岡県生まれ。東京大学大学院薬学系研究科教授。本誌で「パテカトルの万脳薬」を連載中。/[右]アートディレクター 寄藤文平(よりふじ・ぶんぺい)/1973年、長野県生まれ。アートディレクター・イラストレーター。文庫版『パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平』のブックデザインを手がける。

[左]東大大学院教授 池谷裕二(いけがや・ゆうじ)/1970年、静岡県生まれ。東京大学大学院薬学系研究科教授。本誌で「パテカトルの万脳薬」を連載中。/[右]アートディレクター 寄藤文平(よりふじ・ぶんぺい)/1973年、長野県生まれ。アートディレクター・イラストレーター。文庫版『パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平』のブックデザインを手がける。

 脳研究者の池谷裕二さんが、いまもっとも気合を入れて執筆しているエッセーは、本誌連載の「パテカトルの万脳薬」だという。その連載をまとめた文庫版『パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平』が5月13日に発売された。ブックデザインを手がけた寄藤文平さんと、脳の「ふしぎ」について縦横無尽に語り合った。

【文庫版『パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平』はこちら】

*  *  *
池谷裕二(以下、池谷):寄藤さんがはじめて装丁を手がけられた本が、私と糸井重里さんの対談『海馬 脳は疲れない』でしたよね。15年以上前のことですが、ご自身としては、その頃と比べて、デザインの発想の仕方は変わったと感じますか?

寄藤文平(以下、寄藤):経験は大きい気がしますが、デザインを決めていく思考方法は変わらない気がします。タイトルなどから思い浮かぶ映像が半分見えている状態で、それを浮かべながら「こういうモチーフで表したら良さそうだ」と思うものを言葉で補足して、輪郭をはっきりさせていくという方法です。

池谷:基本はフィーリングだけれども、理屈もある。そうやって完成形に落ち着くんですね。

寄藤:そうですね。それが交互ではなく、ほぼ同時並行なんです。理屈でも追いかけているし、映像でも追いかけている。その全体を遠くから見ている感じもあります。

池谷:デザインを考えているときに寄藤さんの脳の中で起きている、同時に複数の物事が存在する状態というのは、数学でいうところの量子コンピューティングの計算原理に似ていますね。今のコンピューターはノイマン式で「0」と「1」しかない。でも量子コンピューティングというのは状態を確定しないままだからこそ複雑な計算を高速で一気に行うことができるんです。

寄藤:そうですか。量子コンピューティングしているんですね(笑)。デザインを考えていくときには、理屈を逆算していく過程もあるんです。「これでいけそう」という感覚を掴んだら、必ず、その感覚が間違っていないかを逆算していきます。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい