「愛のコリーダ」公開後、藤竜也“2年間仕事なし”当時の心境は? (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「愛のコリーダ」公開後、藤竜也“2年間仕事なし”当時の心境は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
藤 竜也(ふじ・たつや)/1941年、北京生まれ。大学時代に日活に入社。62年に「望郷の海」でスクリーンデビュー。76年に「愛のコリーダ」(大島渚監督)で第1回報知映画賞主演男優賞受賞。近作に「人生、いろどり」(2012年)、「私の男」(14年)、「龍三と七人の子分たち」(15年)、「お父さんと伊藤さん」(16年)、「光」(17年)など多数。19年公開作に「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」(5月10日公開、小林聖太郎監督)、「空母いぶき」(5月24日公開、若松節朗監督)などがある (撮影/写真部・小原雄輝)

藤 竜也(ふじ・たつや)/1941年、北京生まれ。大学時代に日活に入社。62年に「望郷の海」でスクリーンデビュー。76年に「愛のコリーダ」(大島渚監督)で第1回報知映画賞主演男優賞受賞。近作に「人生、いろどり」(2012年)、「私の男」(14年)、「龍三と七人の子分たち」(15年)、「お父さんと伊藤さん」(16年)、「光」(17年)など多数。19年公開作に「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」(5月10日公開、小林聖太郎監督)、「空母いぶき」(5月24日公開、若松節朗監督)などがある (撮影/写真部・小原雄輝)

藤 竜也さん (撮影/写真部・小原雄輝)

藤 竜也さん (撮影/写真部・小原雄輝)

 映画というものは、やっぱり大なり小なり時代を反映しているんです。当時は若者たちが既成のものを否定するような、ものすごいエネルギーがあった。そういう時代の空気を役へのアプローチにして、狂気ともいえるような“野獣”を演じた。これがひとつの転機だったかな。役者を続けていけそうだ、と切り口がわかったというかね。

――76年、さらに大きな転機が訪れる。大島渚監督の「愛のコリーダ」だ。阿部定事件をモチーフに男女の情愛を官能的に描き、映画史に残る名作であるとともに問題作ともされている。

 やはり大島さんとの出会いは大きかったです。「愛のコリーダ」は結果的に問題作として扱われ、僕も世間にそういう“ラベル”を貼られもしたけど、逆にそれがバネになりましたしね。

 毎日、飯を食うようにセックスをしてる二人。そういうふうにほれ合うのっていいな、こういう切り口のラブストーリーもあるのか、と思った。あの切り口で一種の“純愛”を描く、大島さんはすごいなと。大島さんは撮影中に「こうしろ」とかの演技指導は一切しないんです。「愛の亡霊」(78年)と2作で使っていただいたけど、どちらでも「ダメだ」とかいっぺんもなかった。

 役者にとって代表作というものを持てることは僥倖ですから。それが僕にとっては「愛のコリーダ」だったと思います。

――海外でも高く評価された「愛のコリーダ」だが、日本では物議を醸し、その後、出版物をめぐる裁判にも発展していく。

 あの映画は出資者がフランスで、フランス映画。日本映画じゃないから、映画そのものではわいせつ罪に問えなかった。そこで大島さんが出した台本と写真の入った豪華本が「わいせつだ」と起訴されたんです。

 僕のほうも公開後、次の「愛の亡霊」までの2年間、一本も仕事がなかったんです。でもまったく気にならなかった。すがすがしいものでしたよ。「やるべきことをやって、それで終わるならそれでいいじゃん」と思っていた。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい