「肌のブツブツは食べ物が原因」は間違い? 皮膚科医が指摘する「蕁麻疹」3つの誤解 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「肌のブツブツは食べ物が原因」は間違い? 皮膚科医が指摘する「蕁麻疹」3つの誤解

連載「現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司週刊朝日#ヘルス
医療情報に関しては、世間一般に広まっていることが間違っていることもある(写真/getty images)

医療情報に関しては、世間一般に広まっていることが間違っていることもある(写真/getty images)

 皮膚に蚊に刺されたあとのようなブツブツが出てくると、蕁麻疹(じんましん)だと思う患者さんは多いです。しかし、診断するとそうではないケースがあります。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、蕁麻疹をめぐる三つの誤解について解説します。

*  *  *
 ウルトラマンが地球上に3分しかいられないように、私は直射日光を10分以上浴び続けることができません。蕁麻疹(じんましん)が出ます。

 物心ついた頃からすでに喘息(ぜんそく)だった私は、結膜炎、鼻炎など、さまざまなアレルギー疾患をわずらいました。そのなかでも珍しい持病が日光蕁麻疹(にっこうじんましん)です。

 私がこの日光蕁麻疹に気がついたのは、高校生のときでした。

 水泳の授業が始まってすぐ、日差しを浴びていた顔がかゆくなりました。そのうち顔だけでなく、全身が赤く腫れ上がりはじめました。あまりのかゆさに気分が悪くなってしまったほどです。

 日光蕁麻疹は、蕁麻疹の中でも0.08%と非常に珍しいアレルギー疾患です(Photodermatol Photoimmunol Photomed, 20 (2004), pp. 101-104)。

 紫外線の中の波長であるUVAや可視光線に反応し、数分以上浴び続けると蕁麻疹が出現します。私の場合は約10分です。面白いことに日光にあたった部分だけ蕁麻疹が出現します。

 さて、皮膚科の外来ではたくさんの患者さんが蕁麻疹で受診されます。そして、蕁麻疹をめぐっていくつかの誤解があります。

「この間、蕁麻疹が出ました」と患者さん。

 私は最初に皮疹(ひしん)の特徴について質問します。

「どんなブツブツが出ましたか?」

 蕁麻疹の場合、膨疹(ぼうしん)と呼ばれるブツブツが出ます。蚊に刺されたあとのような、プクッと膨れて地図状の形を呈するもの。

「そのブツブツはどれくらい続きましたか?」

「先週からずっと続いています」と患者さんが答えれば、次の質問です。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい