早めの補聴器が認知症予防につながる? 聞こえと脳の関係を専門医が解説

ヘルス

2019/04/01 08:00

 高齢化が進む中、難聴者の数は増加している。一方で「難聴は認知症のリスク要因」という報告が発表され、関心を集めている。聞こえと脳の関係を理解することが、認知症予防の最初の一歩になるかもしれない。

あわせて読みたい

  • 「耳鳴りが続くと耳が悪くなる」は間違い! 最新医学が明らかにした原因とは?

    「耳鳴りが続くと耳が悪くなる」は間違い! 最新医学が明らかにした原因とは?

    dot.

    4/1

    聞こえを改善する手術は高齢者でも安全に受けられる 医師が難聴の治療法を解説

    聞こえを改善する手術は高齢者でも安全に受けられる 医師が難聴の治療法を解説

    dot.

    4/30

  • 「難聴」予防が認知症リスクを減らす? 医師が関係性を解説

    「難聴」予防が認知症リスクを減らす? 医師が関係性を解説

    週刊朝日

    9/7

    認知症の予防には「聞こえにくい」の放置はダメ 医師は社会的交流の低下リスクを指摘

    認知症の予防には「聞こえにくい」の放置はダメ 医師は社会的交流の低下リスクを指摘

    dot.

    4/16

  • 補聴器を買うのに「むやみに高価」「購入を急がせる」販売店は要注意! 専門医が教える選び方

    補聴器を買うのに「むやみに高価」「購入を急がせる」販売店は要注意! 専門医が教える選び方

    週刊朝日

    3/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す