「ムーンライト」監督の最新作! LiLiCo「ずっと気持ちがもやもや…」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ムーンライト」監督の最新作! LiLiCo「ずっと気持ちがもやもや…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
長沢明週刊朝日
(c)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

(c)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

(c)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

(c)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

「ムーンライト」監督の最新作。運命のラブ・ストーリーを描く「ビール・ストリートの恋人たち」が公開中だ。原作はアメリカ文学界の金字塔ジェイムズ・ボールドウィンの小説。前作「ムーンライト」がアカデミー賞の作品賞を獲得したジェンキンス監督が映像化。本作も本年度のアカデミー賞で脚色賞など3部門にノミネート

【その他の場面写真はこちら】

■慈しみ合う恋人たちに立ちはだかる試練は?

 1970年代のニューヨーク。ティッシュ(キキ・レイン)は19歳。恋人のファニー(ステファン・ジェームス)は22歳。幼い頃から共に育ち、強い絆で結ばれた若い二人。互いに運命の人を見いだした歓びの日々を送っていた。

 ある日、ティッシュはおなかに子供を宿したことを知る。それは素晴らしい報告になるはずだったが、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。些細な諍いで白人警官の怒りを買ってしまったのだ。二人の愛を守るために、家族と友人たちは、ファニーを助け出そうと奔走するのだが……。そこにはさまざまな困難が待ち構えていた。果たしてその試練を乗り越え、恋人たちは互いの腕の中に還ることがで
きるのだろうか?

 本作に対する映画評論家らの意見は?(★4つで満点)

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
今も昔もあまり変化がなさそうな黒人の置かれた苦い現実をふまえ、彼らの家族愛、人間関係の中に描かれる若い恋。公民権運動の活動家でもある原作者の気持ちを汲み、黒人監督が思いを塗りこめている。音の使い方が刺激的。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい