生々しいラブシーンも 稲垣吾郎が主演映画で「普通のオジサン」に!? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

生々しいラブシーンも 稲垣吾郎が主演映画で「普通のオジサン」に!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
工藤早春週刊朝日
稲垣吾郎(いながき ごろう)/1973年、東京都生まれ。91年にCDデビュー。主な出演作にドラマ「金田一耕助シリーズ」「不機嫌な果実」、映画「笑の大学」「クソ野郎と美しき世界」などがある。2017年に、草彅剛、香取慎吾らと共に出演したAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」で過去最高視聴数を記録。また日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターに就任。 (撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/金田順子、スタイリング/黒澤彰乃、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力/グレーニットコート ¥321,000、グレーニットパンツ¥155,000、白ニット ¥77,000[以上、ベルルッティ])

稲垣吾郎(いながき ごろう)/1973年、東京都生まれ。91年にCDデビュー。主な出演作にドラマ「金田一耕助シリーズ」「不機嫌な果実」、映画「笑の大学」「クソ野郎と美しき世界」などがある。2017年に、草彅剛、香取慎吾らと共に出演したAbemaTVの「72時間ホンネテレビ」で過去最高視聴数を記録。また日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターに就任。 (撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/金田順子、スタイリング/黒澤彰乃、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力/グレーニットコート ¥321,000、グレーニットパンツ¥155,000、白ニット ¥77,000[以上、ベルルッティ])

稲垣吾郎さん (撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/金田順子、スタイリング/黒澤彰乃、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力/グレーニットコート ¥321,000、グレーニットパンツ¥155,000、白ニット ¥77,000[以上、ベルルッティ])

稲垣吾郎さん (撮影/馬場道浩、ヘア&メイク/金田順子、スタイリング/黒澤彰乃、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO、衣装協力/グレーニットコート ¥321,000、グレーニットパンツ¥155,000、白ニット ¥77,000[以上、ベルルッティ])

 2月15日公開の映画「半世界」で、自身が「今までの僕とはかけ離れた役」と語る「普通のオジサン」を演じた稲垣吾郎さん。今作を新たなスタートにふさわしい作品だと振り返ります。

【やさしい眼差しに美しい横顔も!稲垣吾郎さんのフォトギャラリーはこちら】

*  *  *
──「半世界」で演じた役は奥さんと中学生の息子のいる39歳の炭焼き職人。グラスで赤ワイン、ではなくコップで焼酎を飲む男です。稲垣さんのこれまでのイメージとかなり違います。

 そうですね。この映画には、親近感を持ってもらえる人しか出てこない。数多くの人々に寄り添える作品になったように思います。僕はこれまで変わった人というか、ちょっと普通じゃない人を演じることが多かったので、市井の人というか、どこにでもいるような人を演じるのはほぼ初めて。それは自分にとって新しい経験だったし、自分の新しいスタートにふさわしい作品になったかなって思います。

──ご自身のなかで何か変わったことってありますか。

 この映画に出たことで、僕が演じた紘のような毎日コツコツ仕事をしている人たちによって世の中は成り立っているんだなあって、気づかされました。僕は、東京に生まれて東京で育って、結構小さなときから芸能界で生きてきましたから、なかなかこういう世界にふれることがなかったので。目がいかないことがあるんですよね。

──「普通の人」の役づくりは、どうやってなさったんでしょうか。

 それはもう、阪本順治監督の力ですね。それと、スタッフとその土地に1カ月ぐらい、撮影のために合宿のように一緒に滞在する時間が持てたことも大きい。おかげで、自然と役になりきれました。もちろん僕だけ仕事で東京に帰ったりもしたんですけど、その場にいると役に染まっていくことができるというか、環境が自分をその気にさせてくれるというか。それはどんな仕事でもありますけど。今回は特にそれが生きましたね。

 撮影しながら、各部所の映画職人の皆さんが手間ひまをかけて、ワンシーンワンシーン、丁寧に丁寧に作り上げていくプロセスを見ることができたのも、収穫でした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい