ベッキーをどん底から救ってくれた?片岡氏との結婚を選んだ理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ベッキーをどん底から救ってくれた?片岡氏との結婚を選んだ理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
1月に結婚していたベッキー(c)朝日新聞社

1月に結婚していたベッキー(c)朝日新聞社

巨人軍コーチの片岡治大さん (c)朝日新聞社

巨人軍コーチの片岡治大さん (c)朝日新聞社

  タレントのベッキー(34)が2月13日、かねて交際のうわさのあった巨人軍コーチの片岡治大氏との結婚を発表した。自身のツイッターとインスタグラムで「私事ではありますが、先日、読売巨人軍内野守備走塁コーチの片岡治大さんと結婚いたしました。 これからも、感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします」とつづった。

【写真】球界屈指のイケメン!片岡コーチはこちら

 ベッキーの所属事務所によると、二人は1月に婚姻届けを提出。

「今回のツイッターとインスタはファンや関係者にむけての報告です。挙式や披露宴は未定です」(担当者)

 ベッキーといえば、3年前の「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(30)と不倫騒動のイメージがつきまとう。それが原因で芸能界を“干され”、休業をよぎなくされた。その後、芸能活動を再開して、ようやくつかんだ幸せだ。

 この結婚をどう見るか。芸能評論家の石川敏男氏はこう語る。

「不倫騒動で気持ちがどん底になっていた昨年に出会ったというので、お相手の片岡さんはやさしく接したのでしょう。もともと、ベッキーのファンだったようです」

 片岡氏は球界屈指のイケメン。10日の日本テレビ「行列ができる相談所」に出演したベッキーは片岡氏について聞かれると、デートをしていることをうれしそうに認めていた。

「いつになったら芸能界で立ち上がれるんだろうと思っていたところに、片岡さんという彼氏ができたということだと思います」(同)

 不倫騒動以降、芸能活動を再開したが、以前のようには仕事は戻らなかった。レギュラーはいくつかあるものの、単発のゲスト出演が中心だった。

「仕事は順調とはいえなかった。しかし、結婚を機に仕事が順調になるかというと、それも厳しいでしょう。だから、結婚は仕事にプラスになるからと考えているのではなく、彼女自身の幸せのため。芸能界で生きて行けなくてもいいんじゃないかと思わせてくれた人なのではないでしょうか。彼女自身が幸せに生きていけるという選択だったのでは」(同)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい