ルール変更のゴルフ 丸山茂樹が“腑に落ちない一点”を指摘 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

ルール変更のゴルフ 丸山茂樹が“腑に落ちない一点”を指摘

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

てっちゃん、4連覇へ頑張れ!!(撮影/松嵜未来)

てっちゃん、4連覇へ頑張れ!!(撮影/松嵜未来)

 プロゴルファーの丸山茂樹氏は、今年から変更されたドロップに異議を唱える。

【写真】丸山氏が応援するアメフト・富士通フロンティアーズの西村豪哲選手

*  *  *
 みなさん、ご存じでしょうか? 今年の元日からゴルフのルールが変更されました。大きなコンセプトとしてはゴルフをより分かりやすく、プレーしやすくするってことです。

 アマチュアの方々には、バンカー内の球を2罰打でバンカーの外にドロップできるという選択肢ができたのは大きいんじゃないでしょうか。バンカーからなかなか出なくてイライラして、それ以降のプレーに影響したなんて経験のある方も多いと思います。もうそんなイライラからは解放されます。

 偶然に起こったことに対する罰もできるだけ廃止してて、2度打ちの罰もなくなりました。あとはペナルティーエリアの中でソールしていいとか、OBになったときは元の場所から打ち直すのではなく、2罰打を加えてOBゾーンに入った付近からプレーを続行できます。プレーが速くなりますし、ゴルフもスッとスムーズにいくと思いますね。グリーン上で旗ざおを立てたままパットしてもいいようになりましたから、これも時間短縮になります。

 ただ一つ腑(ふ)に落ちないのはドロップですかね。ドロップする位置を、まっすぐ立ったときのひざの高さに定めたんですけど、これは中途半端ですね。僕はドロップってもともと意味がないと思うんです。リプレースっていうルールもあるんで。リプレースができる以上、全部リプレースでいいと思うんです。

 だってもう罰は払ってるわけだから、さらに、例えばバンカー内でドロップしたら、ボールが沈むんです。わざわざ沈ませるってのはどうかと思うし。今回の変更はドロップの部分だけ不満かな。ほかはすごくいいと思います。

 さて1月3日にアメリカンフットボールの日本選手権「ライスボウル」がありまして、富士通フロンティアーズが関西学院大学ファイターズに52-17で勝って、3シーズン連続の日本一になりました。去年も触れさせてもらいましたけど、富士通にはずっと応援してる西村豪哲(ひでてつ)選手(33)がいるので、気になってたんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい