紀平梨花VSザギトワ、4回転の新星たち続々でフィギュア女子は戦国時代

フィギュアスケート

2019/01/02 11:30

 2018年のフィギュアスケート女子は、平昌オリンピックでロシアのアリーナ・ザギトワの15歳(当時)で優勝という衝撃に始まり、その後は「日本vsロシア」の争いとなった1年だった。2019年もフィギュア女子界は続々と新星が出てくる「日本vsロシア」の構図の戦国時代となっていきそうだ。

あわせて読みたい

  • 羽生結弦選手「4回転半に挑戦するつもり」 世界選手権ではどんな演技がみられるか

    羽生結弦選手「4回転半に挑戦するつもり」 世界選手権ではどんな演技がみられるか

    AERA

    2/4

    早すぎる世代交代…“大人”が勝てない女子フィギュアの「あるべき姿」

    早すぎる世代交代…“大人”が勝てない女子フィギュアの「あるべき姿」

    dot.

    12/17

  • 13歳で4回転2種を成功 ロシアの新星は“羽生”を超える!?

    13歳で4回転2種を成功 ロシアの新星は“羽生”を超える!?

    週刊朝日

    3/21

    “紀平梨花の時代”が続く可能性は大! 4回転の新星たちに負けない強みとは…

    “紀平梨花の時代”が続く可能性は大! 4回転の新星たちに負けない強みとは…

    dot.

    3/6

  • 羽生結弦も注目するフィギュア女子の4回転 急に跳べるようになった“秘密”

    羽生結弦も注目するフィギュア女子の4回転 急に跳べるようになった“秘密”

    AERA

    11/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す