“便秘が原因の下痢”になる人も 危ない「シニアの便秘」! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“便秘が原因の下痢”になる人も 危ない「シニアの便秘」!

このエントリーをはてなブックマークに追加
大崎百紀週刊朝日#シニア#ヘルス
便秘をあまり気にしないことも大切だ (c)朝日新聞社

便秘をあまり気にしないことも大切だ (c)朝日新聞社

自律神経を整えるセル・エクササイズの一つ、「足首揺らし」 (週刊朝日 2019年1月4-11日合併号より)

自律神経を整えるセル・エクササイズの一つ、「足首揺らし」 (週刊朝日 2019年1月4-11日合併号より)

便秘におすすめの生活習慣 (週刊朝日 2019年1月4-11日合併号より)

便秘におすすめの生活習慣 (週刊朝日 2019年1月4-11日合併号より)

 若い女性に多いイメージの便秘だが、病院の便秘外来を訪れる8割以上は中高年だという。出てもすっきりしない。年齢と共に腸内環境が悪化し、筋力が落ちてくる中高年の便秘の問題は深刻だ。解決法とは?

【自律神経を整えるセル・エクササイズ「足首揺らし」のイラストはこちら】

*  *  *
 東京都八王子市在住のトモコさん(77)は、20年以上便秘に悩まされている。1週間出ないこともザラ。便がたまってくると、「さぁ、出すか」。

 下剤効果のある茶を飲み、排泄を促している。これがまた、かなり強力なモノ。このお茶を飲んだ日は、家から一歩も外に出られない。

「だから、今日は便を出す日、と決めて、飲むんです」

 トモコさんの友人のマリコさん(78)も便秘症。ただマリコさんは、便秘と下痢を繰り返し、気づけばいつもトイレ。便意を感じてトイレに行くも、踏ん張ると血圧が上がるのが怖い。だから、最近は力むこともできない。

 厚生労働省平成28年国民生活基礎調査によると、便秘と感じるのは、20代男性0・65%、女性3・52%であるのに対し、80代以上は、男性10・76%、女性10・83%と、高齢者の割合が高い。

 順天堂大学医学部教授で、便秘のスペシャリスト、小林弘幸医師は言う。

「年齢を重ねるほど、自律神経も腸内環境も悪化し、筋力も衰えます。これが便秘の原因になっています」

 大学病院として日本初の便秘外来を設け、これまで2万人もの便秘患者を診てきた。患者の8割が50歳超で、中でも80歳超の人が多い。簡単に治らないため、多くが継続的に通う。便秘外来に10年通い続ける人が多くいるのだ。

「今日診た患者(60代後半女性)は、下痢が続くと言ってきたが、便秘だった。下で詰まっているから、上の緩い便が周りを伝って出てしまっていたのです。一見すると下痢ですが、実は便秘が原因の下痢なんです」(小林医師)

 便秘とは、便中の水分が乏しく便が硬くなる、もしくは便の通り道である腸管が狭くなり排便が困難、または排便がまれな状態をいう。便秘症の定義はなく、本人が、排便回数を不快と感じれば便秘症、なのだ。逆に、週に1回しか便が出なくても本人にとって快適なら、その人は便秘症とはいえない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい