店番はまかせニャさい 噂の東京看板猫の効果は招き猫以上!? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

店番はまかせニャさい 噂の東京看板猫の効果は招き猫以上!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ねこ
<花月> ジジ(メス・7歳) (撮影/品田裕美)

<花月> ジジ(メス・7歳) (撮影/品田裕美)

<COBBLER NEXT DOOR> うめたん(メス・9歳) (撮影/倉田貴志)

<COBBLER NEXT DOOR> うめたん(メス・9歳) (撮影/倉田貴志)

<glass工房602> ブルー(オス・12歳) (撮影/品田裕美)

<glass工房602> ブルー(オス・12歳) (撮影/品田裕美)

<両国高はし> はな(メス・10歳) (撮影/品田裕美)

<両国高はし> はな(メス・10歳) (撮影/品田裕美)

 古来、商売繁盛の縁起物として招き猫が重宝されてきたが、置物よりも本物のほうが効果は大! 一見の客を常連に変えてしまう看板猫たち。この愛くるしさを見たら、すぐ店を訪ねたくなる!?

【可愛すぎる!看板猫の写真の続きはこちら】

■花に囲まれながら外を眺めるその姿に魅了されるファン多数

ジジ(メス・7歳)

日が当たる場所にちょこんと座っているのが好き。車の音には怯えるが好奇心はかなり強く、道行く人を眺めている。その姿に魅かれて客が店に入ると、すぐに寄ってくる。店内には溢れんばかりに花が飾られているが、決して鉢にぶつからずスイスイ歩く姿はさすが。

<花月>
東京都中野区中野3−35−2
営業時間/10:00~20:00(日祝は~18:00)
休日/年始のみ

■寡黙な靴修理職人に代わって営業を担当する人懐っこさ

うめたん(メス・9歳)

うめたんは、接客のツボをよく押さえている。「お客さんにはすり寄っていくんですが、宅配便屋さんなどお金を落とさない人のことはすぐに見抜き、近づきません」と「おかあさん」のIZUMIさんは感服する。たしかに取材中、記者に近づいてはこなかった。恐るべし。

<COBBLER NEXT DOOR>
東京都港区南青山3−5−3 2F
営業時間/12:00~20:00(土日祝は~18:00)
休日/金曜日。うめたんの出勤はきまぐれ

■特製眼鏡も持っている ソファに座る客を膝枕にも

ブルー(オス・12歳)

映画「3月のライオン」で神木隆之介に眼鏡を提供するなど、オリジナルフレームを製作する眼鏡店。ブルーも作ってもらいご機嫌。ソファに座る客の膝に横たわるが、それは女性客のみ。甘え方もよく知っている。もう1匹、ヘナ(メス・3歳)もいて、ただいま接客修業中。

<glass工房602>
東京都杉並区西荻北3−17−8
営業時間/10:00~20:00(日祝は~19:30)
休日/水曜日

■相撲小物店で働いて早10年 堂々たる体躯で力士からも人気

はな(メス・10歳)

あまり歩かず、レジの前や玄関マットの上でジッとしている。相撲小物を取り扱う店だけに、常連客の中には力士も。横綱級の体躯がゲン担ぎにいいのか、抱っこしたがるお相撲さんも多いという。先頃獣医からダイエットを命じられてしまいショックを受けている?

<両国高はし>
東京都墨田区両国4−31−15
営業時間/9:30~19:00
休日/不定

週刊朝日  2018年12月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい