こんな行動変化に要注意! 猫の認知症“予備軍”をチェック

ねこ

2018/12/23 06:30

 最近、大声で鳴いたり、粗相をしたり、飼い猫の行動がおかしい……。それは認知機能の低下かもしれない。加齢に伴う変化であるため「完全に治す」ことは難しいものの、環境などを整えることで問題行動を軽減できる場合もある。ペットの高齢化で今注目される「行動療法」について、獣医師に聞いた。

あわせて読みたい

  • 猫はあまり鳴かない動物だった! なぜ飼い主に向かって鳴くのか?

    猫はあまり鳴かない動物だった! なぜ飼い主に向かって鳴くのか?

    週刊朝日

    12/26

    増える犬の認知症、猫も夜鳴きや徘徊

    増える犬の認知症、猫も夜鳴きや徘徊

    AERA

    6/18

  • ご長寿猫は何が違う? 猫生“100歳”時代「健康管理」のコツ

    ご長寿猫は何が違う? 猫生“100歳”時代「健康管理」のコツ

    週刊朝日

    12/5

    愛猫を守るキャットリボン運動 猫の乳がん早期発見のポイントとは?

    愛猫を守るキャットリボン運動 猫の乳がん早期発見のポイントとは?

    AERA

    10/4

  • 猫の腎臓病 早期発見に「魚形しょうゆさし」が一役買う理由とは?

    猫の腎臓病 早期発見に「魚形しょうゆさし」が一役買う理由とは?

    AERA

    4/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す