寒いこの時期に急増する入浴中の死亡事故 「ヒートショック現象」はどう防ぐ?

ヘルス

2018/12/30 07:00

 消費者庁によると、ここ10年で入浴中の死亡事故は約1.7倍増えています。そしてその半分が12月~2月の寒い時期に集中していることがわかりました。入浴中の死亡事故の約9割は高齢者です。その主な原因が“ヒートショック現象”というものです。では、“ヒートショック現象”とは、どのような現象で、どう対策すればいいのでしょうか。寒暖差による体への影響に詳しい「せたがや内科・神経内科クリニック」の久手堅司(くでけん・つかさ)医師に聞きました。

あわせて読みたい

  • 思いがけない事故も! 入浴中の急死を引き起こす、冬のヒートショックにご注意を!

    思いがけない事故も! 入浴中の急死を引き起こす、冬のヒートショックにご注意を!

    tenki.jp

    11/27

    年間1万7千人が心肺停止に ヒートショックの怖さとは

    年間1万7千人が心肺停止に ヒートショックの怖さとは

    週刊朝日

    1/4

  • 元気な高齢者ほど「入浴死」に注意! 冬場の安全対策とは?

    元気な高齢者ほど「入浴死」に注意! 冬場の安全対策とは?

    週刊朝日

    11/25

    冬のお風呂に要注意。ヒートショックの危険性を知ろう

    冬のお風呂に要注意。ヒートショックの危険性を知ろう

    tenki.jp

    1/14

  • 首まで湯船につかってはダメ? “お風呂死”を防ぐ入浴法とは

    首まで湯船につかってはダメ? “お風呂死”を防ぐ入浴法とは

    週刊朝日

    2/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す