元光GENJIの大沢樹生「リングではローラースケート、キラキラ衣装はなし」プロレス挑戦を語る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元光GENJIの大沢樹生「リングではローラースケート、キラキラ衣装はなし」プロレス挑戦を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日

プロレスのトレーニングに励む大沢樹生(写真:所属事務所提供)

プロレスのトレーニングに励む大沢樹生(写真:所属事務所提供)

「『ガラスの十代』じゃなくて、『キセキの四十代』になれるように」

 元光GENJIのメンバー・大沢樹生(49)は、かつての大ヒット曲のタイトルになぞらえ、笑った。

【大沢樹生さんのリングでの凛々しい姿はこちら】

 12月30日、船木誠勝、服部健太と3人タッグを組み、プロレスラーとしてリングに上がる。光GENJI脱退後は俳優、ミュージシャン、映画監督として活躍する大沢にとってプロレスの世界は、小学生の頃からの憧れ、夢だったという。

「親父が後楽園ホールのあるビルの1階でうなぎ屋をやっていたので、お店から裏の階段を上がって、よく試合を見ていたんです。愛読書は『週刊プロレス』と『ゴング』。ファンクス兄弟、マスカラス兄弟、スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ、アンドレ・ザ・ジャイアント……外国人レスラーが好きでしたね。大仁田厚さんや越中詩郎さんがまだ若手で、殺到するファンをさばいたりしていました」

 少年時代の思いが、現実のものとなった。

「小さいころの夢なんて、そうそうかなうものではないですからね。格闘技は観戦ばかりで経験もなく迷いもありましたが、一度きりの人生、夢をかなえるチャンスだなと思って」

 10月1日からトレーニングを開始した。

「試合までの3カ月という短期間でどこまで仕上げられるかは未知数ですが、トレーニングをすること自体は非常に好きなので、楽しんでます。10代、20代のバリバリ歌って踊っている感じとはまた違うと思いますが、けっこう動けている実感もあり、年相応のプロレスができるんじゃないかなと思います」

 試合に向けの身体づくりは、思うようにはいかないという。

「トレーニングすることで、逆にしぼれてきちゃうんですね。レスラー体形でなく、ボクサー体形になってしまう(笑)」

 プロレスラー・大沢樹生は、どのようなレスラーとしてファンの前に現れるのだろうか。

「ファイティングスタイルもまだ決まっていないんです。けんかではなくルールがあるものですし、最低限のことは身に着けてリングに上がらないと、船木さんはじめ、プロレスラーの方々に失礼にあたらないようにしないと」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい