客席に父・岡田眞澄の顔が! 美女“日本代表”岡田朋峰が告白 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

客席に父・岡田眞澄の顔が! 美女“日本代表”岡田朋峰が告白

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地武顕週刊朝日
喜びにわく入賞者5人。中央が岡田朋峰(写真=伊ケ崎忍)

喜びにわく入賞者5人。中央が岡田朋峰(写真=伊ケ崎忍)

日本代表・岡田朋峰(Tomomi Okada)/東京都出身 20歳
172cm 大学生 「大学(青山学院)の先輩方のような、取材もするキャスターに憧れます」

日本代表・岡田朋峰(Tomomi Okada)/東京都出身 20歳 172cm 大学生 「大学(青山学院)の先輩方のような、取材もするキャスターに憧れます」

 昨年は現役東大生が選ばれ、話題を呼んだミス・インターナショナル日本代表。日本一の美女を決める大会で、今年も意外な女性が選出された。日本代表となった岡田朋峰(ともみ)さんの独占インタビューをお届けする!

【写真特集】美しすぎる!上位入賞者5人の水着審査の写真はこちら

*  *  *
 父(俳優の岡田眞澄)はよく「朋峰が20歳になるまでは死ねないな」と言っていたのに、私が7歳のときに亡くなりました。私は今年20歳になることを機に何か挑戦したいと考え、父が長年世界大会で司会を務めていたミス・インターナショナルの出場を決めました。

 父方の祖母がデンマーク人なので、私はクオーターです。そのおかげか、街中で出会う外国の方がよく親しみを込めて話しかけてくれます。その一方で、日本人であるという誇りも強く感じています。ヨーロッパの気品、日本の慎み深さを持つエレガントな女性になりなさい。父はそう言っていました。

 この夏に予選を通過した私たち32人は、3カ月にわたってレッスンを積みました。ヒールを履いて鏡に向かって歩く練習を、5時間続けた日もあります。技術が上達するにつれて、自信もついてきました。

 本選の舞台でスピーチやウォーキングをしているときに、客席に父の顔が見えました。父がニコッとしたら、次のポーズに変えたんです。父のいる世界大会に出場できることを嬉しく思っています。

(取材・文/本誌・菊地武顕)

週刊朝日  2018年11月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい