渾身の“緊縛ミステリー” 中村文則「経験ある人はぐっときます」

読書

2018/10/27 11:30

 決して厚い本ではないのに、読後感はずっしりと重い。中村文則さんの新刊『その先の道に消える』は、緊縛をモチーフにしたミステリー仕立ての小説だ。

あわせて読みたい

  • 作家・中村文則、新作執筆の中で「亀甲縛りまで覚えました」

    作家・中村文則、新作執筆の中で「亀甲縛りまで覚えました」

    AERA

    10/11

    かが屋・加賀翔、初の小説上梓 又吉直樹の存在に「世界変わった」と文学の力に驚嘆する瞬間も

    かが屋・加賀翔、初の小説上梓 又吉直樹の存在に「世界変わった」と文学の力に驚嘆する瞬間も

    AERA

    1/10

  • 死因は「コロナ」 現実が小説に入り込む中村文則の『カード師』

    死因は「コロナ」 現実が小説に入り込む中村文則の『カード師』

    週刊朝日

    6/2

    亡き母に「子孝行」してもらった…小説家・逢坂剛の家族の絆

    亡き母に「子孝行」してもらった…小説家・逢坂剛の家族の絆

    週刊朝日

    9/2

  • 酔ひもせず 其角と一蝶

    酔ひもせず 其角と一蝶

    週刊朝日

    6/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す