コムアイにRAD…ドラマ「dele」の“半分素人の配役”に注目 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コムアイにRAD…ドラマ「dele」の“半分素人の配役”に注目

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「dele(ディーリー)」(テレビ朝日系 金曜23:15~)をウォッチした。

【山田孝之と菅田将暉のイラストはこちら】

*  *  * 
 深夜にまたひとつ、忘れがたいドラマが誕生した。それは、消えていく記録と消せない記憶の物語。

 描かれるのは、依頼人の死後、不都合なデジタルデータを秘密裡に削除する仕事。死後消したいデータ、あるよね。だいたいエロ画像とか、エロ画像とか、エロ画像なわけだが。

 しかし、この物語が扱うデータはエロ方面じゃない。目の前にあるPCやスマートフォンは、まるでパンドラの箱だ。その中にある、死者がどうしても残したくない秘密とは。

 二人の男がその箱の鍵を開け、死者の秘密をひもといていく。車椅子のクールなプログラマー・圭司(山田孝之)。彼をサポートし、人の懐に易々と飛び込み、故人の情報を聞き出す祐太郎(菅田将暉)。まず二人の凸凹なコンビネーションが、このドラマの魅力だ。

 そして、思いがけない毎回のゲスト。依頼人、つまり死者の役が、ほとんどいわゆる俳優じゃない。

 2話のガールズバーで働く女性役は、ミュージシャン・水曜日のカンパネラのコムアイ。3話の古い写真館館主役は、作家の高橋源一郎。4話の元・超能力少年役は、これもミュージシャン・RADWIMPSの野田洋次郎だ。

 なんせ、だいたい出てきてすぐ死んじゃうから。ほとんどセリフないから、半分素人でも大丈夫っていう潔い配役が新鮮。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい