23区の死者は“火葬場ラッシュ”に合う…「弔い」の地域差

2018/09/03 07:00

 今やすっかりおなじみとなった言葉「終活」。2009年の週刊朝日の連載で広く伝わり、12年の「ユーキャン新語・流行語大賞」でトップテンに選ばれた。死への備えは、多くの高齢者がいずれ向き合うテーマ。死の迎え方や弔いのあり方には地域の風土や文化、しきたりの影響もある。都道府県による地域差を探った。

あわせて読みたい

  • 葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に

    葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に

    週刊朝日

    2/11

    火葬後、遺骨を引き取らない「0葬」のススメ

    火葬後、遺骨を引き取らない「0葬」のススメ

    AERA

    1/30

  • ふんどし姿で納棺? 地域でこんなに葬儀は違う

    ふんどし姿で納棺? 地域でこんなに葬儀は違う

    AERA

    7/9

    「格安葬儀」でストレス&トラブルも増加 “落とし穴”をチェック!

    「格安葬儀」でストレス&トラブルも増加 “落とし穴”をチェック!

    週刊朝日

    5/25

  • 火葬場で読経のパターンも 今どきの“自分流”葬儀とは?

    火葬場で読経のパターンも 今どきの“自分流”葬儀とは?

    週刊朝日

    2/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す