石破茂氏に総裁選から醜聞まで直撃「天地神明に誓い、指一本触れたこともない」 (2/7) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石破茂氏に総裁選から醜聞まで直撃「天地神明に誓い、指一本触れたこともない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司,田中将介週刊朝日#安倍内閣#安倍政権

熱弁する石破茂衆院議員

熱弁する石破茂衆院議員

鳥取駅前の石破二郎朗像

鳥取駅前の石破二郎朗像

「ありがたいことです、逆は困るよね。『奥さんが好きだから』という人が多いんですよ。家内は誰に対しても、分け隔てがないからね。私は政治家の奥さんよとか、大臣の奥さんよとか、幹事長の奥さんよとかという思いを持ったことが一度もない人なんだ」
 
──政治家の妻をめざしているわけでは必ずしもない、と。

「(笑顔で)ぜんぜん」
 
──佳子夫人とは慶応大学の同級生だそうですが、石破さんにとってはどんな存在?

「彼女がいなければ今の私はいない。彼女はものすごく自分に厳しい人ですから、それを見習ってます。総裁選に出るべきだとか、『やめてください。私たち迷惑なんだから』みたいなことは、一言も言わない。そりゃ大変だと思いますが、彼女は妥協とか保身とかが大嫌いなので」
 
──電話ではいつもご連絡を取り合っているそうですが。

「できるだけね。疎遠になったり、連絡がつかないと、お互いに不安になったりもしますんでね。気をつけなきゃいけないですね」
 
──防衛相時代、石破さんと女性秘書との関係が噂されました。恐縮ですが、奥様に直撃しました

「それはためにする話です。そんなことあり得ないことは周囲の人たちが一番知っている。それは女性差別にもなりかねないんじゃないですか?そんな関係だったら20数年、彼女は石破事務所にいないし、事務所がもたない。私は秘書たちのプライバシーに関与したことは一度もない。人に迷惑だけはかけてはいかんよということでね。

 防衛大臣当時、防衛省改革を手掛けて、現状維持派の人たちから恨みをいっぱい買ったことがあります。それより以前、森内閣で防衛庁副長官を拝命した時、ある大学教授から『あなたは副長官を辞める時には、自衛隊を嫌いになっている。自衛隊のためにと、やればやるほど嫌われて、いろんな怪情報が出て、あなたは嫌な思いをするだろう』と言われたことがありました。なるほど、こういうことなのかなって思いましたね。一方で今でも、『石破さんがんばって』と言ってくれる自衛官、それも、偉い人より曹士クラスの人達がおられます。みんな味方なんて、あるわけがないし、防衛省・自衛隊に限らず、陰湿な文化はあるのだろうと思います。変えたいなと思いますけど」

──ご友人の片山善博元鳥取県知事に取材したら、『よく出た』とおっしゃってました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい