朝は和食よりパン食がいい? プロおすすめのタンパク質摂取法

2018/08/28 07:00

 夏バテの気味なのは、タンパク質不足が原因かもしれない。タンパク質の摂取量が落ちると、疲れやすくなり、スタミナ切れを起こしやすくなるのだ。さらには筋肉量の低下を招き、生活習慣病のリスクも上がる。そこで高齢者こそ知ってほしい、効率的で効果を上げやすいタンパク質のとり方を紹介する。栄養摂取や運動によるタンパク質代謝に詳しい、藤田聡教授(立命館大学スポーツ健康科学部)と管理栄養士のキムアヤンさんに聞いた。

あわせて読みたい

  • 実は肉より魚! 夏バテ&加齢に負けないタンパク質のとり方

    実は肉より魚! 夏バテ&加齢に負けないタンパク質のとり方

    週刊朝日

    8/27

    食事の栄養は“5色”で考えるべし 管理栄養士が指摘する「最優先で摂取するもの」とは

    食事の栄養は“5色”で考えるべし 管理栄養士が指摘する「最優先で摂取するもの」とは

    AERA

    8/25

  • 筋肉作りはタンパク質の摂取の仕方が重要! 管理栄養士に聞く食事法

    筋肉作りはタンパク質の摂取の仕方が重要! 管理栄養士に聞く食事法

    AERA

    8/17

    肉を食べないのは本当にヘルシー? 完全菜食主義ビーガン“ブーム”の落とし穴

    肉を食べないのは本当にヘルシー? 完全菜食主義ビーガン“ブーム”の落とし穴

    dot.

    11/1

  • 独り暮らしの孤食が原因? 要介護を防ぐ“美食”5つのポイント

    独り暮らしの孤食が原因? 要介護を防ぐ“美食”5つのポイント

    週刊朝日

    5/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す