息子が3歳になり…鈴木おさむが感じる「仕事しながら育児の大変さ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

息子が3歳になり…鈴木おさむが感じる「仕事しながら育児の大変さ」

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

子育ては大変…(写真はイメージです) (c)朝日新聞社

子育ては大変…(写真はイメージです) (c)朝日新聞社

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。鈴木氏は息子が見せた涙をテーマに書く。

*  *  *
 仕事をしながら育児をすることの大変さを、さらに感じています。息子、笑福は3歳ちょっと。言葉もかなり覚えてコミュニケーションを取ることができるようになったので、なおさらに可愛く、また愛しい。

 妻は3カ月に一度ほど、約1週間、海外ロケに行きます。僕は妻が出産したあとに仕事復帰を決めて、長期ロケに行くことに悩んでいたときに、この仕事をやらないのなら芸人を引退するべきじゃないかと言いました。やはり妻は体を張って頑張る芸風だし、本人もそれが好きでやってきた。だから、それをやらないのなら、芸人を辞めたほうがいいのではないかと思って伝えたこともある。

 出産半年後に復帰し、まず、海外ロケに行きました。それから3カ月に一度ほど。その都度、妻のお母さんが栃木から助っ人に来てくれました。そして僕も仕事をできる限り調整しながら、お母さんと僕で息子の面倒を見る。息子が2歳を超えてからは、妻が海外ロケに行くときは笑福を妻の実家に預けるようにしました。妻の実家は自然に囲まれています。預かってもらってる間、息子は虫を捕まえたり、畑で野菜を取ったり、絶対に都会ではできないことを経験できる。息子も実家に行くのが好きでした。

 これまで、妻が海外ロケに行く前に実家に預けに行くと、息子が泣くことはありませんでした。寂しそうな顔はするけど、泣くことはなかった。が、今回。妻が火曜日の夜に出発し、水曜日は僕と二人で海に行く。木曜日に僕が息子を栃木の実家に連れていき、日曜日に東京に連れてきてくれるというスケジュールになっていました。火曜日、妻が出発しようとすると、息子は急に泣きだしました。今まで泣くのは妻だったのですが、初めて息子が泣きました。3歳になり、母親が仕事で離れていくということをより実感できるようになったのでしょう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい