ギャンブル克服! バドミントン桃田は東京五輪で金メダルがとれるか!? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ギャンブル克服! バドミントン桃田は東京五輪で金メダルがとれるか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日

見事な復活劇だった桃田賢斗 (c)朝日新聞社

見事な復活劇だった桃田賢斗 (c)朝日新聞社

 東京五輪までいよいよあと2年。そんな中、バドミントンの桃田賢斗(23)が8月5日に世界選手権の男子シングルスで日本史上初の優勝を飾った。桃田は決勝で開催地・中国のエースである石宇奇を圧倒しての完勝。地元の観客たちも桃田のあまりの強さに、試合途中からは静まり返ったという。桃田は決勝後、「腹筋を痛めて、スマッシュが打てなかった」と明かし、さらにその強さを印象付けていた。

 桃田の強さについて、スポーツライターの折山淑美さんはこう語る。

「腹筋を痛めて強いスマッシュを打たなかった中で、しっかり守って相手のミスを誘うというリー・チョンウェイなど過去のレジェンドを彷彿とさせる強さだった」

 ただ、ここまでの2年間の道のりは厳しいものだった。桃田は2016年4月、所属チーム・NTT東日本と日本代表での先輩だった田児賢一とともに、都内にある違法カジノ店に出入りしていたことが発覚。桃田は無期限の大会出場停止処分を受けた。その時点で、男子シングルスの世界ランキングは2位で、リオ五輪でもメダルを有力視されていた。17年5月に処分が解除されると、1年間のブランクがありながらも、国内大会で徐々に結果を出し始め、今年に入ってついに代表にも復帰。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい