オウム信者は原発に潜入していた 元信者が語った幻の原子炉ジャック計画

オウム真理教

2018/07/17 17:43


 死刑執行されたオウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫ら7人の元死刑囚の死で一連の事件が終わったワケではない。オウム信者が原発に検査作業員として組織的に入り込んでいた──。その驚くべき実態を週刊朝日が報じたのは、地下鉄サリン事件が起きた後の1995年夏。記者の問いに対して当時、武闘派でならした元信者は、原発に潜入して原子炉の安全管理にかかわる資料を持ち出すとともに、「爆弾をしかけることだってできた」と豪語した。なぜ、オウムは原子炉まで接近できたのか。そして本当に原発ジャックの危険はあったのか。

あわせて読みたい

  • 【特集】オウム真理教事件 死刑執行の真相と深層

    【特集】オウム真理教事件 死刑執行の真相と深層

    dot.

    7/6

    麻原彰晃の「残り湯」2万円也 オウムのトンデモ商法

    麻原彰晃の「残り湯」2万円也 オウムのトンデモ商法

    週刊朝日

    6/15

  • オウム死刑囚6人も執行 「喋らない林、死にたいと漏らした端本」被害者、脱洗脳カウンセラーらが語る真実

    オウム死刑囚6人も執行 「喋らない林、死にたいと漏らした端本」被害者、脱洗脳カウンセラーらが語る真実

    週刊朝日

    7/26

    「オウムに先手を打たれた」残党信者が今も増加する教団の実態

    「オウムに先手を打たれた」残党信者が今も増加する教団の実態

    週刊朝日

    3/19

  • まだ原発事故は続いている 止まらない汚染水の流水に進まない廃炉計画の今

    まだ原発事故は続いている 止まらない汚染水の流水に進まない廃炉計画の今

    AERA

    5/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す