社外取締役という名の天下り 不祥事企業に官僚OBが就任事例も

2018/06/04 07:00

「社外取締役」をご存じだろうか。企業の経営改革のためだとして、政府が導入を促している。月1回程度の取締役会に参加すれば、1千万円近い年収が期待できる“おいしい仕事”だ。この社外取に多くの官僚OBが就任している。4~5社兼務し多額の報酬をもらう人もいて、新たな「天下り先」になっているのだ。

あわせて読みたい

  • 古賀茂明「社外取締役に官僚OBはやめたほうがいい」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「社外取締役に官僚OBはやめたほうがいい」

    週刊朝日

    4/23

    月イチ会議で年収750万円 官僚・日銀OBが“社外取締役”になる理由

    月イチ会議で年収750万円 官僚・日銀OBが“社外取締役”になる理由

    週刊朝日

    6/4

  • 東芝「社外取締役」大物ぞろいも罠見抜けず…行く手に待つのは“原発アリ地獄”

    東芝「社外取締役」大物ぞろいも罠見抜けず…行く手に待つのは“原発アリ地獄”

    AERA

    2/21

    なぜ東芝の不正会計見抜けなかった… 「見下された」新日本監査法人

    なぜ東芝の不正会計見抜けなかった… 「見下された」新日本監査法人

    AERA

    4/16

  • 東芝歴代3社長らに3億円賠償請求 権力闘争で不正会計のお粗末

    東芝歴代3社長らに3億円賠償請求 権力闘争で不正会計のお粗末

    週刊朝日

    11/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す