独占・津川雅彦が明かす朝丘雪路の真実「一言でいえば、やっかいな存在」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

独占・津川雅彦が明かす朝丘雪路の真実「一言でいえば、やっかいな存在」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日

「全部がかわいかった」と、妻・朝丘雪路との思い出を語る津川雅彦さん(撮影/加藤夏子)

「全部がかわいかった」と、妻・朝丘雪路との思い出を語る津川雅彦さん(撮影/加藤夏子)

4月27日に亡くなった女優、朝丘雪路さん (c)朝日新聞社

4月27日に亡くなった女優、朝丘雪路さん (c)朝日新聞社

 アルツハイマー型認知症のため、4月27日に亡くなった女優、朝丘雪路さん(享年82・本名 加藤雪会)さんの夫で俳優、津川雅彦さん(78)が5月21日、本誌の独占インタビューに応じ、45年間にわたって連れ添った亡き妻との思い出を明かしてくれた。

【朝丘雪路さんの写真はこちら】

――今、朝丘さんの死を、どのように受け止めているか

 雪会が僕より早く死んでくれたことが、何よりのプレゼントですね。僕が先に死ぬのは、それはちょっと過酷だと思うし。雪会の死を踏まえると、悲しみとともに、どこかほっとしているところがあるんじゃないかなと思います。

――津川さんにとって朝丘さんは、どんな存在だったか。

 一言で言えば、やっかいな存在(笑) 性格的にもワガママだったし、やきもち焼きでしたね。女の人については、サラッとしてるんだけど、仕事に対しての焼きもちは、よくやかれましたね。

――それは、同業者(役者)として?

 ええ、そうですね。僕にいい仕事が来たりすると、むくれるんですよ(笑)あまりしゃべらなくなってね。それで自分のマネージャーに1時間くらい、「何でもっといい仕事がとれないの」って説教したりしてる。全部がかわいいんですよ。

――役者としての朝丘さんは。

 女優としての才能は天才的でした。雪会は、僕の前でも女優でした。例えば、鏡台なんかの前に、家族の写真はいっさい置かなかった。娘が生まれた時は、おっぱいをあげるのも嫌がった。つまり、女優であるために、日常の生活臭を嫌っていました。

――朝丘さんは、結婚してからも「もっと遊びなさい」と女性に寛容だったとか。

 そうですね。何せ、新婚旅行の時から「もっと遊べ」と言ってましたから。新婚旅行と言えばハワイやヨーロッパが多いけど、僕はそうじゃないところに行きたいと思って、マレーシアやフィリピンに雪会と行ったんです。旅行中、宿で僕がおとなしくしていると、「外(女性がいる店)に行ってらっしゃいよ」って言うんです。しょうがないから、雪会も一緒に連れて遊びに行きました。

――合コンもたくさん。

 ええ、女性とはよく遊びましたね。雪会の感情としては、半分は諦め、半分は僕への信用だったんだと思います。雪会はこれまで、僕の言うことに反対したことがないんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加