ヘンリー王子が「メーガンの、メーガンによる、メーガンのための」結婚式で泣いたワケ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヘンリー王子が「メーガンの、メーガンによる、メーガンのための」結婚式で泣いたワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
多賀幹子週刊朝日
沿道の歓声に応えるヘンリー王子とメーガンさん (c)朝日新聞社

沿道の歓声に応えるヘンリー王子とメーガンさん (c)朝日新聞社

 泣いたのはヘンリー王子だった。セントジョージ礼拝堂でチャールズ皇太子に腕を取られて近づくメーガンさんの純白ウエディングドレス姿を認めると、たちまち目がうるんだ。さらに、ベールを持ち上げたとき彼女が幸せそうに微笑むと、こみ上げる涙をこらえることができなかった。結婚の誓いの言葉を述べるとき、声が震えたのは王子だった。一方メーガンさんは終始落ち着いていて、王子の手の上に手を重ねるなど接触を欠かさなかった。

【写真】王子とメーガンさんのキスシーンはこちら

 5月19日の結婚式は、何もかもが異色だった。すったもんだの末、メーガンさんの実家マークル家からは母親ドリアさんのみの参加にとどまった。チャールズ皇太子が手を取るまで、メーガンさんはたった一人でバージンロードを歩んだ。父親トーマスさんがパパラッチと共謀してやらせ写真を出したのち、心臓病の手術で欠席と決まった時、イギリス人の間では、誰が花嫁と共に歩むかの賭けが盛り上がった。一番手はドリアさんだったが、彼女が「荷が重い」としり込み。それならとチャールズ皇太子に直接依頼したのはメーガンさんだった。娘を持たない皇太子は、むしろ喜んで引き受けたと言われる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい