ゲイリー・オールドマンが語る「辻一弘はご近所、最初は不安を漏らした」アカデミー賞秘話 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゲイリー・オールドマンが語る「辻一弘はご近所、最初は不安を漏らした」アカデミー賞秘話

高野裕子週刊朝日
ゲイリー・オールドマン(c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

(プロフィール)
1980年代はセックス・ピストルズのシド・ヴィシャスや、サッカー・フーリガンなどを演じ観客を震撼させる名悪役として脚光を浴びる。90年代はハリウッドに進出。一時スランプはあったものの、2000年代に入るとハリー・ポッター・シリーズ、11年の「裏切りのサーカス」ではスパイを演じアカデミー賞に初ノミネートされていた

ゲイリー・オールドマン(c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved. (プロフィール) 1980年代はセックス・ピストルズのシド・ヴィシャスや、サッカー・フーリガンなどを演じ観客を震撼させる名悪役として脚光を浴びる。90年代はハリウッドに進出。一時スランプはあったものの、2000年代に入るとハリー・ポッター・シリーズ、11年の「裏切りのサーカス」ではスパイを演じアカデミー賞に初ノミネートされていた

辻一弘さん(左)とアカデミー賞ダブル受賞を喜ぶゲイリー・オールドマン(右)
ED/JL/A.M.P.A.S/Camera Press/アフロ

辻一弘さん(左)とアカデミー賞ダブル受賞を喜ぶゲイリー・オールドマン(右) ED/JL/A.M.P.A.S/Camera Press/アフロ

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
3月30日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
(c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

ストーリー:第2次世界大戦中、ナチス・ドイツがヨーロッパ全土で猛威を振るうなか、英国首相に就任したチャーチルが下した究極の決断とは?実話を基に描く感動の歴史エンターテインメント。ジョー・ライト監督

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」 3月30日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開 (c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved. ストーリー:第2次世界大戦中、ナチス・ドイツがヨーロッパ全土で猛威を振るうなか、英国首相に就任したチャーチルが下した究極の決断とは?実話を基に描く感動の歴史エンターテインメント。ジョー・ライト監督

──昨年大ヒットした映画「ダンケルク」がまったく同じ歴史的瞬間を描いていますね。ほぼ同時期にあの映画が製作されていたことは知っていましたか?

「確かに『ダンケルク』は、この映画とペアになったような映画だ。でもこの映画の製作中、あの映画については知らなかったんだ」

──役づくりのためにリサーチしてみて、チャーチルについて新発見した最大のことは?

「ほぼスーパーヒューマンと言えるような人物だ、という点だよ。スピーチが自筆なのは周知の事実だし、首相だけでなく、多くの大臣も務めた。本を50冊以上も書いた。シェークスピアよりずっと多い文字数だよ。そのエネルギーたるやすごいんだ。著述、絵画、政治、作家としてノーベル文学賞もとった。それは驚くべき業績に圧倒されるね」

──さらにウイスキーやシャンパンもただならぬ量を飲み、葉巻も吸い、その食生活で90歳まで生きたんですよね。

「確かにお酒もかなり飲んだようだ。当時の人はかなりの量を飲む習慣があったようだし、1日10本の葉巻を吸った。また彼の食生活も健康的とは言えなかった(笑)。2度の心筋梗塞を生き延びたんだ」

──膨大なニュースなどの映像から、多くの人がチャーチルはどんな歩き方をして、どんなふうに話したか知っています。その点も俳優として大変だったと思いますが、再現するため、どんな工夫をしましたか。

「役づくりにはたぶん1年以上かかったと思う。リサーチして資料を読むという作業に加え、ニュースの素材を何度も何度も繰り返して見て、彼の動きを研究したんだ。手の使い方、歩き方、声の使い方。そうやっていくうちに、彼の物まねをするのではなく、自分なりのチャーチル像を作り上げていった。自分の考えるチャーチル像を作りたかったんだ。単にいろんな情報を集めてコピーしていくのではなく」

──それで作り出したあなたなりのチャーチル像とはズバリ、どんな人でしょう。

「それは多くの映像やニュース素材があるんだが、それをいろいろと掘り起こしてみていくうちに、かなり体重があったにもかかわらず、とても歩き方が速い人だったと気がついた。動きが機敏で無駄がない。目つきもとても鋭く輝いていた。そういった彼の知られざる一面を発見できたのは、よかったね。これまで多くの人が演じたチャーチル像は、シリアスでアングリーな演じ方がほとんどだった。だが、今回は新しい魅力をたくさん演じることができ、うれしかったね」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい