萩本欽一 大学で「試験を受けなくてもあげる」といわれた単位を断った? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

萩本欽一 大学で「試験を受けなくてもあげる」といわれた単位を断った?

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地陽子週刊朝日

萩本欽一(はぎもと・きんいち)/1941年生まれ。東京都台東区出身。66年、坂上二郎とコント55号を結成。80年代は冠番組が軒並み視聴率30%を叩き出し、視聴率の合計が100を超えたことから、“視聴率100%男”と呼ばれた。現在、駒沢大学仏教学部に在学中(撮影/写真部・岸本絢)

萩本欽一(はぎもと・きんいち)/1941年生まれ。東京都台東区出身。66年、坂上二郎とコント55号を結成。80年代は冠番組が軒並み視聴率30%を叩き出し、視聴率の合計が100を超えたことから、“視聴率100%男”と呼ばれた。現在、駒沢大学仏教学部に在学中(撮影/写真部・岸本絢)

「夢ってね、でっかくて、誰もが実現なんて無理だって思うようなものほど、案外実現するものなんですよ。“有名になりたい”なんて言っても誰も応援してくれないけど、“世界のスーパースターになる!”って言ったら、その夢に参加しておこうかな、せっかくだから応援に回ろうかなって思う人が出てくるかもしれない。人間、一人では何もできないんです。どんな小さなことでも、出会いがあって、そこから何かが広がっていく」

 萩本欽一さんは何事も、遠回りするのが好きなのだという。2015年には、73歳で大学に進学した。願書を提出し、「無理なさらなくても、推薦という方法もありますが」と大学側から打診されたときは、「僕は、学校に入りたいから受験するんじゃない。挑戦がしたいだけなんです」と突っぱねた。

「1年目は、すべての授業に休まず出席して、試験だけ受けなかったの。何でかっていうと、真面目で勉強ができる学生では、先生は安心しちゃって真剣に向き合ってくれないから」

 教授から、「試験は受けなくても、出席態度が真面目だから、単位はあげます」と言われたときは、「甘やかさないでください!」と断った。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい