ブーム到来! 小泉進次郎のスカジャンはダサいのか…プロの意見は? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブーム到来! 小泉進次郎のスカジャンはダサいのか…プロの意見は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子週刊朝日#小泉進次郎
タイを掲げて、支持者と当選を喜ぶ小泉進次郎氏(c)朝日新聞社

タイを掲げて、支持者と当選を喜ぶ小泉進次郎氏(c)朝日新聞社

 ルイ・ヴィトンが店頭にこの年並べた品は約44万円。海外セレブもいち早く着こなした。インスタグラムなどで写真映えすることも、ブームにつながったようだ。

<出陣式では横須賀発祥の「スカジャン」を着て、演説をしました>

 選挙戦が始まると、進次郎氏はSNSにこう記し、地元密着をアピールした。事務所側も「流行云々よりも、地域活性化のため」とねらいを説明する。政治家には珍しいスーツとスカジャンのコーディネート。「ダサい」との辛口批評も飛ぶ一方、生駒さんは好意的だ。

「似合っていたし、インパクトがあったと思いますよ。悪趣味・不良トレンドのスカジャンは、遊び心とパワーが本人にないと着こなせない。ファッションは自身の考えや主張を発信するツール。進次郎議員のスカジャンは、何より若い層にアピールできたのではないでしょうか」

 悪趣味・不良テイストの服を着ても、「私、失敗しないので」とばかりの手堅い選挙戦。神奈川11区で得票率78%の圧勝だった。(本誌・永井貴子)

週刊朝日 2017年11月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい